2017年12月11日 (月)

米ヶ袋の家  オープンハウス見学会のご報告

先ヶ週末、土曜日日曜日と開催させて頂きました
米ヶ袋の家のオープンハウス見学会。

計画進行中のお施主様に、
以前に設計させて頂いたお施主様、ご近所さんやお知り合いの方々、
高断熱高気密+パネルヒーターの温熱空間を体感してみたいという方まで。
たくさんの方にお越し頂きまして、本当にありがとうございました!


遅くなってしまいましたが、
私のつたない完成写真とともにご報告させて頂きます。


Dscf0782


『お家の隅々まで暖かいね。』
『ここで暮らすご家族の毎日を想像したら楽しそうだね。』
『収納がそこらにたくさんあるのが良いね!』などなど。
暮らしのすぐそばにあるお褒めの言葉を頂けたことが、
個人的には何よりも嬉しく感じました。


パネルヒーターのやわらかな放射熱による暖かさは、
音もなく静かでとても心地の良い空気感を生み出します。


室内にいると外の寒さを忘れてしまうような温熱空間は、
やはり実際に体感して頂くのが一番説得力を持つのだと再認識いたしました。


Dscf0786_3

Dscf0779

見た目が良くても使いづらかったり、
使いやすくても見た目が良くなかったり。

もちろん永く使っていく物としての側面も強いので、
メンテナンスしやすいシンプルな仕組みにしておく必要もあります。


デザインと性能のバランス感については、
頭の中でずっとぐるぐると考えを巡らせた大きな課題です。

多次元に広がるいくつもの条件を紐解き、
お施主様とともに皆で植物育てるかのように現場を日々見守り、お話を重ねつつ、
関わる様々な職人さんメーカーの方々にご苦労を掛けながら図面が形になりました。

Dscf0790


Dscf0795

また、キッチン天板シンク扉から、扉の引手、らせん階段、テーブルの脚まで。

細かなものも空間にぴったりくるように、
ひとつひとつ図面を描いて造作させて頂けたことは、
設計屋としては大変やりがいがあり、有り難い経験でした。

暮らし手にとって毎日変化に富み、
ワクワクした思い出がたくさん詰まった場所になりますように。


お引渡の日が来るのが、嬉しいのやら寂しいのやら。
すこし複雑な感情であります…。

足らない点も大きな心で受け止めて頂き、
お待ち下さっているお施主様ご家族へ、
これからの楽しい家時間を早くお届けするためにも!

詰めの作業を丁寧に重ねていきたいと思います。


Dscf0810_3

saeki


2017年12月 9日 (土)

上飯田の家 外壁工事


付加断熱工事が終えれば次は外壁工事。

建物の外観も徐々に姿を表してきます。

今回の外壁は、無塗装板に塗装仕上げを採用しました。

01

サッシ周りは210mmの付加断熱をする事により「だき」を造り、

コンクリート造のような開口部としました。

02

玄関部分の庇は、ガルバリウム鋼板で製作しております。

03

04

現場の大工さんに可能な限り薄く仕上げたいと伝えさせていただき、

施工方法を一緒に考え、お互いに思い描いた仕上げとなりました。

図面で描いたものがその通りに出来上がる、

とても気持ちいい瞬間でした。

endo


2017年11月29日 (水)

上飯田の家 付加断熱工事

工事も中盤、

本日は断熱施工確認のため現地へ向います。

01

雨に濡れないように、断熱材を充填したら同時並行で

透湿防水シートでダウンジャケットのようにグルッと囲んでいきます。

はしご部分にも勿論断熱材を充填していきます。

02

樹脂サッシ周りも同様です。

03

あたり前のように大工さん達が断熱材を充填していましたが、

かなり高い技術が求められます。

透湿防水シートも奇麗に貼っていただきました。

04

高い施工技術と、隠れるとはいえ美しい下地を見せていただきました。

現場の皆さん、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

endo

2017年11月27日 (月)

彦根アンドレアさん講演会

この度、建築家の彦根アンドレアさんにお越し頂きご講演をして頂きます。
自然環境にとても素直な設計をされている方で、気持ちの良い建物を造られています。
入場無料ですので、ぜひお気軽にお越しください。

Lets talk Architecture
(建築の話をしましょう)

彦根アンドレア氏

12月6日(水)15:00〜17:00
せんだいメディアテーク 7階 スタジオシアター
入場無料 申し込み不要

2

2017年11月25日 (土)

米ヶ袋の家  仕上げ工事

米ヶ袋の家は、12月初旬のオープンハウスとお引渡に向けて、
内装仕上げや設備機器の設置などラストスパートです!

本日は、建て主様とご一緒にフローリング塗装を行いました。

素のままのパイン無垢材に自然塗料のオイルを
染み込めーきれいな飴色になあれーと心のなかで念じながら、塗り込む。


上のお姉ちゃんやいとこの男の子にもしっかりお手伝い頂きまして、
とんとんと予想よりずっと早く作業を進めることができました。


そういえば昔この床塗ったなと、頭のすみっこの方に、
建物に自分で手を加えた思い出が残ってくれたら嬉しいものです。


Dscf0740_2


現場は、細かな工事を残して全体的に完成形が見え始めています。


Dscf0725


外構植栽工事も終わりまして、
じっくり選定した木々もていねいに植えられています。


Dscf0733


試行錯誤した窓からは、奥のお宅の緑と
お庭のシラカシ・イロハモミジを無事に切り取ることができました。


本棚と巾木は、さらに白色塗装が待っておりまして、
空間がよりすっきり締まっていく予定です。

アール壁との接点となる部分にはおもしろい形と影ができています。


Dscf0734_2

Dscf0736_2

Dscf0737


職人さんたちの手によって、
そこにしかないものが生まれてくる瞬間は、
熱くなるものがあります。

さてさて、もうあと一踏ん張り頑張ります!


saeki

2017年11月20日 (月)

上飯田の家 外壁付加断熱下地工事

最近、一気に寒くなってきました。

外で吐く息も白くなっています。

そんな中、今日も現地へと足を運びます。

目的は、建て主様との打合せと工事状況の確認です。

01

外では「付加断熱」の為の下地工事が進んでいます。

今回は、既存外壁を撤去せず工事を行う工法を工務店さんと相談し採用しました。

現場では「はしご」とよばれる木下地で付加断熱の厚みを確保していきます。

02

断熱の厚みは210mmです。

04

下地が完了すれば次は断熱工事です。

引き続き工事のほう、どうぞ宜しくお願い致します。

最後に1枚。

建て主様のお子さんが、端材で工事完成後の家を積み木のように組み立てていました。

屋根からおりる事が出来る「すべり台」がご希望のようです。

次回打ち合わせの際、議題に挙げたいと思います。

05

endo


2017年11月17日 (金)

米ヶ袋の家 オープンハウス見学会のご案内

来月12月初旬に、米ヶ袋の家が完成致します。

この度、お施主様のご理解とご協力により、
完全予約制にてオープンハウス見学会を開催させて頂くこととなりました。
ご興味のある方は、下記概要をご確認頂きましてお気軽にお問合せください。


日時_

12/2(土) 10時-17時

午前 (1) 10:00-11:00 (2) 11:00-12:00
午後 (3) 13:00-14:00 (4) 14:00-15:00 (5) 15:00-16:00 (6) 16:00-17:00

3(日) 10時-17時
午前 (1) 10:00-11:00 (2) 11:00-12:00
午後 (3) 13:00-14:00 (4) 14:00-15:00 (5) 15:00-16:00 (6) 16:00-17:00

※両日ともに各時間帯 1 組ずつご案内致します。
掛線部はご予約済みとなりますので、別のお時間帯をご選択下さい。


見学会は時間区切りの完全予約制とさせて頂きます。
ご希望の方は、下記内容を記入頂きましてお申し込みメールアドレスまでご連絡下さい。

代表者氏名 :
参加人数 :
連絡先(携帯) :
交通手段 :
希望日時 :


所在地_宮城県仙台市青葉区米ヶ袋


交通_「 東北自動車道仙台宮城 IC 出口 」より車で 10 分
仙台市営地下鉄 南北線 五橋駅より徒歩 15 分
※ 駐車場あり。お申込み完了後、詳細場所のご案内をお送りします。


お申込みメールアドレス_info@ykaa.jp


Photo


2017年11月15日 (水)

上飯田の家 解体工事〜樹脂サッシ取付け

今年の秋から新たなプロジェクトがスタートしていす。

築30年以上の住宅を断熱改修し、「暖かく快適」な住まいにする計画です。

これから竣工までブログにて紹介させて頂きます。

工事着工前の外観です。

01

内装はこのようになっていました。

02

03

断熱改修と合わせて建物内部も改修していく計画です。

外部はまず瓦屋根を撤去し、新たに屋根を葺いていきます。

まず、垂木を既存野地板上に取り付けます。

04

05

そして新たに、野地板・ルーフィングを施工し屋根を葺く下地工事は完了です。

06

07

外壁開口部は樹脂サッシの取付けが進んでおります。

改修前は、アルミフレームのシングルガラスでした。

10

今回は樹脂フレームのペアガラスを採用しております。

08

屋根は軒の出を変更し、サッシも全て交換する事で

建物も工事前に比べ印象が変わってきました。

次は、外壁付加断熱工事へと進んでいきます。

endo


2017年11月13日 (月)

塩竈の家 お引き渡し

11月吉日、

無事お引き渡しをさせていただくことが出来ました。

工事着工から約5ヶ月、

建て主様、工務店、設計事務所の想いが沢山つまった、

「暖かく快適」な住まい。

これから末長く、愛着を持って過ごしていただけると思います。

竣工写真は後日改めて紹介させて頂きます。

01


02

endo


2017年10月23日 (月)

米ヶ袋の家 植栽現地確認


先週末、米ヶ袋の家の植栽を確認するために、
お施主様と植栽屋さんとともに福島へ行ってまいりました。

作成したプランを元に、
大きな敷地の中を探検するように樹木を見て回りました。


Dscf0646


赤い樹皮が特徴的なヒメシャラの木。
夏椿とも呼ばれ、白く可憐な花が咲きます。

Dscf0648


たわわに実を付けたザクロの木。


Dscf0647


もいで食べてみました。
爽やかなお味でした。美容にも良いそうです。


Dscf0651


栄養豊富な土のお陰が、ちいさな雑草も生き生き。
スカートに刺繍して身に纏いたくなる可愛さです。


Dscf0652


ちょうど赤い実を付けていたソヨゴの木。


Dscf0654


格好の良い樹形のアオハダの木。
黄色く染まった葉の色も鮮やかでした。


個人的に建築と同じくらいに緑も好きなので、
1/1の実物を見て、様々なお話を聞く事ができまして、
とても幸せな時間でした。


saeki


«米ヶ袋の家 外壁/内部造作工事2

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ