2017年5月20日 (土)

米ヶ袋の家 底盤部分(スラブ)のコンクリート打設


底盤部分(スラブ)のコンクリート打設が行われました。


基礎の打設は、基本的に2回に分けて行われ、
本日は、その1回目。


Dscf0145


生コン車が続々と現れて、
コンクリートを流し込んでいく姿は、
ダイナミックでしばし見とれておりました。


Dscf0147


今週はお天気に恵まれていて幸いでした。
来週も雨があまり降りませんように。


saeki

2017年5月18日 (木)

米ヶ袋の家 鉄筋配筋

昨日から基礎を敷き始め、
今日の午前中には鉄筋がほぼ組み上がりました。

てきぱきと瞬く間に進んでいきます。

Dscf0118


何やら出てきたプール感。
すでに断熱性能を発揮し、なかに入ると蒸し風呂な状態でした。


S0010128


Dscf0120


よく見ると、細さの違う鉄筋が組み合わされ、
同じピッチで編まれた見た目に、
構造=意匠が研ぎすまされているようで、
あーいい感じだーと心の中で叫んでみたり。


2日ほどの幻のような風景を写真に納めつつ、
建物の木架構が見えたときのことへも想いを飛ばしておりました。

Dscf0120_2

明後日には1回目の基礎打設です。


saeki

2017年5月17日 (水)

米ヶ袋の家  基礎断熱・鉄筋施工

ぐずついていたお天気がようやく回復し、
基礎断熱と鉄筋施工がどんどんと進んでおります!


米ヶ袋の家も断熱気密はしっかりと。


夏は涼しく、冬は暖かい居心地の良い空間になるように、
仕様を計画しています。


Dscf0115

これは基礎の下の部分です。
毛布でくるむように建物全体、断熱材で包み込みます。


なかなか特殊なことが多いなかで、
きっちりとお仕事してくださる職人さんたちには、
ほんとうに頭が下がります。


Dscf0097


Dscf0113

ただ考えるのとつくるのはまた別のお話。
現場での細かなやり取りが大事になるのだなと身に沁みる日々です。

saeki

2017年5月11日 (木)

5月14日(日)「これからの本当に幸せな住まいづくりを考える」


5月14日(日)14:00〜17:00
「これからの本当に幸せな住まいづくりを考える」

場所:国際センター駅2階
参加:参加申し込み不要、無料です。お気軽にお越し下さい。

仙台の5人の建築家が集まり、座談会形式でざっくばらんに
これからの家づくりについて本音でトークするイベントです。

また、昨年から他の設計事務所と工務店と共同企画してきた
これからの高断熱住宅の発表もします!
予算はあまりかけられないけど性能もデザインも良い家がほしい!という方必見です。

申し込み不要で参加無料ですので、ぜひお気軽にお越しください。

Photo


2017年5月10日 (水)

米ヶ袋の家 根伐り


あっというまに大型連休も明けて、
いよいよ本格的な工事が始まりました。


根伐りとは、基礎を打つ前の下ごしらえのような段階のことを言います。
まだ途中ですが、このような感じです。


Dscf0066


Dscf0068


うっすらと建物の大きさが見えてきました。
延べ床28坪ほどのコンパクトな2階建の住宅です。


今は中々わかりづらいのですが基礎が打ち終わる頃、
もうすこしくっきりと間取りが見えてくると思います。


Dscf0070


Dscf0072

ちょうど敷地のアプローチの樹木に、
白い花とピンクの花が咲いていました。


この前は奥の木の花が咲いていたような…。


現場に行く度に、
何かしら景色の見え方が変化していて、うつくしいです。
庭と植物は空間を豊かにしてくれますね。


次は何が咲いているのやら。
現場に行くたのしみが、またひとつが増えました。


saeki

2017年4月23日 (日)

米ヶ袋の家 地鎮祭

あっという間に桜の見頃も過ぎ去り、
定禅寺通りのぽつぽつとした新緑が、
目にも嬉しい季節になってきました。


昨年の秋口より設計を進めてきました、
米ヶ袋の家の解体が終わり、地鎮祭を行いました。

Dscf0061


屋根と紅白幕のバランスがなんだか可愛らしいテントにて。


Dscf0063_2


Dscf0065_2


紙吹雪とご近所さんの木からの本物の花びらが混ざり合って風に舞い、
とても気持ち良い雰囲気でした。


細かいディテールの詰めの最中ではありますが、
これで一旦一区切り。


また気持ちを引き締めて、
図面をきちんと形にするために、監理に努めて参ります!

解体後の地面に隠れたガラスのキラキラの発掘作業する
お子様たちに心洗われました。


見つければどこでも、最高の遊び場に。
好奇心忘れるべからずですね。


saeki

2017年3月23日 (木)

栗生の家 引き渡し

春の陽気を感じることが出来る本日、

引き渡しをさせて頂く事ができました。

建主様・工務店・設計事務所の想いが沢山詰まった、

「暖かく快適な住まい」が完成しました。

01


02

完成写真は後日改めてご紹介致します。

Endo


エコハウスアワード 優秀賞受賞!


この度、「国見ヶ丘の家」が
パッシブハウスジャパン主催 エコハウスアワード2017
地域トップランナー基準部門で優秀賞を頂きました!!!

1

国内で一番のエコハウスを決める審査会にて、
まさに地域のトップランナーの建物として、
デザインと性能の両面において評価されたことが
とても嬉しく思います。

2

建主はじめ、
仙台ではじめてのドット住宅を施工して頂いた株式会社キクチさん、
温熱環境において適切なアドバイスをして頂いたドットプロジェクトの長土居さん、
イーシステムの横山さん及び、モルクス建築社の佐藤さん、
いろいろとサポートしてくれたチャネルオリジナルの大柳さん、
その他職人さんはじめ携わって頂いたすべての方に感謝致します。

ありがとうございました!

暖かく気持ちの良い住まいをこれからも造って行きますので、
今後とも何卒よろしくお願いします。

菊池

3

2017年3月11日 (土)

栗生の家 内覧会のご案内

01_2

この度、宮城県仙台市青葉区栗生にて設計・工事監理を進めて参りました
高気密高断熱住宅の「栗生の家」が竣工いたします。

デザインと性能の両面にこだわらせていただいた住宅です。

建築主様のご厚意により、下記の日時にて内覧会を開催させていただくことになりました。
皆様におかれましては大変ご多忙中とは存じますが、ご高覧いただければ幸いです。

「栗生の家」内覧会
日時   :3月18日(土)10時〜16時
      3月19日(日)10時〜16時
住所   :宮城県仙台市青葉区栗生(詳細地図はお申し込み頂いた方にお送り致します)
交通   :仙山線(陸前落合駅)徒歩15分
      車(住宅地ですので近隣の方に迷惑にならないようご配慮お願いいたします)
当日連絡先:菊池 080-5228-4480

内覧会のお申し込みは、info@ykaa.jp
まで下記の内覧会申込書を送信ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<栗生の家 内覧会申込書>

日時:3月18日(土)10時〜16時
   3月19日(日)10時〜16時
  (完全予約制)

氏名:

参加人数(申し込み者含む):

連絡先(携帯):

交通手段: 車 / 電車
※敷地に駐車場はございませんので、お車でお越しの際、
 お車の管理は近隣の方に迷惑にならないようご配慮お願いいたします。

申し込み締め切り期限 3月17日(金)まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<建物概要>
用途   :個人住宅
構造   :木造
規模   :地上1階

設計監理   :菊池佳晴建築設計事務所
空調・換気設計:イーシステム株式会社
施工     :株式会社キクチ

<断熱>
基礎  EPS100
基礎下 EPS50
壁   グラスウール16K 105+105
屋根  グラスウール32K 吹込み300

<構造>
在来木造(APS金物使用)

<気密シート>
建て方時先張り仕様
天端リスト(日本住環境)

<外壁開口部>
サッシ    :トリプルシャノンⅡs
木製玄関ドア :ノルド

<換気>
第一種換気(スティーベル)

<暖房>
ハウジングエアコン

18日の内覧会には、イーシステム株式会社代表横山様にも参加いただく予定となっております。

2017年2月21日 (火)

栗生の家 外構工事

雪が降る寒い中、今週から外構工事がスタートしています。

寒い中工事頂きありがとうございます。

建物の内部も外部も順調に仕上がってきています。

01

02

引き続き、工事の方宜しくお願い致します。

Endo


«栗生の家 足場解体

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ