2017年8月 9日 (水)

夏期休暇のお知らせ


菊池佳晴建築設計事務所では、
誠に勝手ながら、本年度の夏季休暇を以下の日程で実施させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

夏季休暇 2017年8月11日(金)~17日(木)まで

 ※ 2017年8月18日(金)より、通常業務を開始します。
 ※ 休暇中のお問い合せにつきましては、2017年8月18日(金)以降に対応させていただきます。

断熱気密 現場見学会のご案内 ( 一般の方向け ) - 米ヶ袋の家 -


この度、お施主様のご理解とご協力により、
完全予約制にて断熱気密現場見学会を開催させて頂くこととなりました。
断熱気密の施工状況を見れる貴重な機会となりますので、
ご興味のある方は、下記概要をご覧頂き、是非お問合せください。

※ 今回は一般の方向けの見学会となりますので、専門の方のご見学はご遠慮下さい。


開催日時 
8/27( 日 )10 時 -17 時
午前 (1) 10:00-11:00 (2) 11:00-12:00
午後 (3) 13:00-14:00 (4) 14:00-15:00 (5) 15:00-16:00 (6) 16:00-17:00
※各時間帯 1 組ずつご案内させていただきます。


見学会は時間区切りの完全予約制とさせていただきます。
ご希望の方は、内容を記入頂きメールにてご連絡下さい。


代表者氏名 :
参加人数 :
連絡先(携帯) :
交通手段 :
希望時間帯 :


所在地
宮城県仙台市青葉区米ヶ袋


交通      
「 東北自動車道仙台宮城 IC 出口 」より車で 10 分
仙台市営地下鉄 南北線 五橋駅より徒歩 15 分

※ 駐車場あり。お申込み完了後、詳細場所のご案内をお送りします。


お申込み
メールアドレス info@ykaa.jp

Photo_2


2017年8月 8日 (火)

超実践!断熱気密工事 施工実技講習会のご案内

定員に達しましたので受付を終了させて頂きます。ありがとうございました。

この度、私どもで仙台市米ヶ袋にて設計監理中の現場にて、
断熱気密工事の超実践!施工実技講習を開催致します。

単なる講演会や技術講習ではなく、まるまる一棟を皆さんと一緒に断熱気密工事をしながら、
断熱施工の仕方や納まりを勉強しようという初めての試みです。

講師には住まい環境プランニングの古川さんと島守さんをお迎えし、
親切丁寧に指導して頂きます。

興味があるけどどうなんだろうという初めての方や、
すでに出来ている方もおさらいのために来たり、
誰にも聞けなかった疑問解消に来られてはどうでしょう?

参加費が高いと思われるかもしれませんが、
参加して良かったと思うのはもちろん、意識が変わること間違いなしの濃密な2日間になります。

施工者(現場監督、大工さん)はもちろん、設計者、メーカーの方など、
参加者の業種は問いません。

ご興味ある方は奮ってご参加ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

現場の都合上10名限定のため、定員になり次第閉め切らせて頂きます。

※注意 見ているだけの講習ではないため、実際に断熱施工できる服装でお越しください。

菊池

1


2


Photo


定員に達しましたので受付を終了させて頂きます。ありがとうございました。

プロトタイプエコハウス「もとのす スタンダード」 リリース!

昨年末から始動した、

東北の若手建築家と断熱気密工事においてハイレベルな技術力を有する工務店、

ハイクウォリティー建材を取り扱う商社による

これからの住まいを考える共同プロジェクト 「もとのす」 が、

高性能プロトタイプエコハウス「もとのす スタンダード」の販売を開始することになりました。

「もとのす スタンダード」とは・・・

Ua値0.25W/(㎡・K)、C値0.5cm2/m2以下の高性能住宅です。

内部仕上げに気密シート真壁工法を採用することにより、

高い技術力によって得られる美しさと性能を実現すると共に、

コストパフォーマンスの高い住まいとなっております。

外部仕上げ:レッドシダー下見板張り(ナチュレウォール)

内部仕上げ:壁・天井 気密シート真壁工法

      床 無垢フローリング

外部サッシ:Unilux(ドイツ製高性能樹脂サッシ)


17391969_1209509082480151_131925747

コストパフォーマンスの高いプロトタイプエコハウスの建築にご興味がある方は

是非、下記メールアドレスに以下の内容を添えてお問い合わせください。

お問い合わせ頂いた方には、順次打合せ日程を調整させて頂きます。

「もとのす スタンダード」のコンセプト、仕様、燃費、間取り、価格に関する

詳細については、初回の打合せ時に説明させていただきます。


E-mail: motonosu.house@gmail.com

お名前:      (年齢)

ご住所:

家族構成:

建築予定地の有無


「もとのす」

設計:一級建築士事務所SATO+/菊池佳晴建築設計事務所

施工:今野建業/中村建築/negla設計室

建材:チャネルオリジナル


2017年8月 1日 (火)

塩竈の家 サッシ取付け

暑い日が続いています。

本日は週に1度の「定例会議」

現状の把握と問題点の整理・解決が目的です。

採用しているサッシの取付が完了しています。

01

今回は、シャノンの「樹脂サッシ」を採用しております。

ガラスも「トリプルガラス」を採用しており、国内最高クラスの構成としました。

隅部分のテープ処理も当たり前のように行っていただいてます。

大工さんの意識の高さが見えます。

02

設計の段階から、施主と「暖かい家造り」について説明させていただき、今回採用する形となりました。

「冬暖かい=「夏涼しい」ということです。

来年の今頃は、蒸し暑さを全く感じる事無い室内環境で過ごす事が出来ます。

2階メインのサッシも取付完了です。

03

気持ちの良い開口が出来ました。

同時並行で、設備の配管も進んでおります。

04

2階に「浴室」「キッチン」を計画している塩竈の家

1階の天井裏に各種配管を設置していきます。

05

構造の梁に干渉しないように、ルートを検討し工事を進めていただきます。

「意匠」「構造」「設備」全ての面から現場で確認し、

問題の無い施工を工務店さんと一体となって行っていきます。

現場は順調に進んでいきます。

Endo


2017年7月27日 (木)

米ヶ袋の家  先張りシート施工・窓サッシ取付工事


盛岡から住まい環境プランニングのおふたりにお越し頂き、
窓サッシ先張りシート施工・取付工事をご指導頂きました。


シートの貼り方や留め方など、
やってみないと分かりづらい細まやかな処理を
実際に手を動かしながら、頭に叩き込みます。

Img_2583


つくる上で必要な情報がたっぷり詰まっている
施工マニュアルも作成頂いておりまして、
それを元に現場を進めていますが、
さらに現地でご指導頂く事で色々なことが補完されてゆきました。


Dscf0415


Dscf0418

Dscf0404


住宅は永い時間を過ごす場所です。


使いやすさやメンテナンスのしやすさなど、
見えにくいけれど大切なことを守るための納まりは、
ちょっと遠い未来へ向けた贈り物のように感じました。


Dscf0401


図面で考えてみて、現場でも考えてみて、
時折、手を使う。

設計と施工を行き来しながら、
最適解を探る日々です。


saeki

2017年7月24日 (月)

塩竈の家 大工工事

梅雨の時期に入り、天候が悪い日が続いています。

でも、塩竈の家は安心です。

01

建物をグルッとブルーシートで養生していただいてます。

急に雨が降って来ても問題ありません。

あたりまえの用に養生していただいている工務店さんには感謝です。

現場での打合せに集中できます。

今日は、バルコニー部分の詳細打合せでした。

02

屋根下地の構成を相談しながら最終決定しました。

「意匠」と「性能」と「雨仕舞い」全ての条件を満たすため、

最適な方法を決めていきます。

気がつけば2時間が経過。

お互いが納得するまでとことん話し合います。

決定すれば一安心。

Endo


2017年7月18日 (火)

米ヶ袋の家 内部配管工事


外部の構造用合板を貼り終えまして、
囲われた部屋の感じが出てきました。


そのまま仕上にも使われることのあるこの合板は、
ざらっとした質感で、なかなか良い雰囲気です。

Dscf0378

こちらの合板の内と外に断熱材を入れていくことになります。


断熱材がピンク色なので、次は壁がピンク色に!

工程を重ねて行くうちに、
ころころと違った様相が出てくるのが楽しいです。

Dscf0386

Dscf0383


床下のダクトや配管です。
暮らしていく上でとても大切な設備たち。
見えないところでひっそりと生活を支えてくれています。

Dscf0393

ついでの植物観察で既存の植栽を見ていると、
葡萄らしきちいさな実がなっていました。

大きくなってきたらそのうち正体が判明しそうです。


saeki

2017年7月11日 (火)

米ヶ袋の家 筋交い・間柱・金物設置工事


とても暑い日々が続いております。

筋交い・間柱・金物設置工事が完了いたしました。
だんだんと空間が見えやすくなってきています。

Dscf0366


うまく切り取りたい景色がありまして、
座ったとき、立っている時と体勢を変えつつ、
墨出ししつつ位置を再確認しました。

Dscf0358


Dscf0375

現場で職人さんとお話する際には、
メートルではなく、寸尺基準なことが多いので、
カチッと頭のスイッチを切り替えて。

寸尺は部材の規格寸法に大きく反映されており、
慣れるとイメージしやすく、
とても使いやすい数値であったりするのです。

昔と今のつくりかたの違いとこれからを大工さんとお話しながら、
積み重ねられてきた方法と現代に生み出された方法の
いいとこ取りをしていけたらなと考えたりしていました。

現場学び多しです。

saeki

塩竈の家 建て方

快晴の中、建て方がスタートしました。

建物のボリュームが姿を現します。

今回は周辺環境を考慮して、コンパクトなクレーンを用意していただきました。

01

木材が宙を舞います。

見上げれば青い空、気持ちいいです。

07

上階の建て方が進んでいる間に、1階の施工状況を確認していきます。

02

気密性を高めるため、シート先張り工法を採用いただいてます。

03

2階は間仕切りをあまり設けず、ワンルームのような構成としています。

04

屋根部分は防水・防風層を形成するために透湿防水シートを張っていきます。

05

快晴の中、順調に建て方が進んでいます。

職人の皆さん、引き続き宜しくお願い致します。

最後に1枚。

06

現場監督と施工詳細の打合せ。

次の工事工程の準備を平行して行っていきます。

endo


«彦根アンドレアさんトークイベント/PS IDIC見学会

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ