2019年8月 6日 (火)

森合台の家(福島)建て方

梅雨も明け、天候に左右されることが少なくなりました。

森合台の家も建て方開始です。

スキップフロアの複雑な構造を組み上げていきます。

01_20190806170401

土台周りはしっかり気密シートを連結できるようにシート一体型の気密パッキンを採用しています。

04_20190806170401

胴差し周りも先ばりシートをしっかり施工いただきました。

03_20190806170401

軸組の完成が本当に楽しみです。

02_20190806170401

2019年8月 3日 (土)

最上の家(山形)配筋検査、コンクリート打設

梅雨も明け、気温が高い日が続く中基礎工事は進んでいます。

本日は1回目の配筋検査です。

今回は構造設計事務所と共に、鉄筋の径、ピッチ(間隔)、定着長さ等確認を行いました。

検査合格後、1回目のコンクリート打設です。

01_20190803161901

コンクリートも受け入れ検査を行います。

指定したコンクリート強度、スランプ値の確認を行い打設の許可を出します。

構造設計者と事前に打合せ、確認を行ったのでこちらも検査合格です。

02_20190803161901

打設は順調に終わり、次回のコンクリート打設に向けて配筋作業を進めていただきます。

03_20190803161901

炎天下の中での作業が続きますが、

引き続き、宜しくお願いいたします。

 

 

桜木町の家 基礎工事

解体が完了し、建物着工です!

本日は、基礎を組む準備段階ですが、防湿シートの施工状況など現場確認に行きました。

Img_4794

 

 

基礎が始まると、敷地と建物の関係がより把握しやすくなってきます。

現場と合わせて図面の推敲が続きます。

2019年7月26日 (金)

国見ヶ丘の家 木製サッシ取付

天候に左右される中の工事が続いていましたが、

建物が雨に濡れることなく、木製サッシの取り付けまで完了しました。

透湿防水シートも施工完了いただいたのでブルーシートによる養生も不要となります。

施工会社さんには、しっかりと養生いただき大変感謝しています。

大開口に設けた木製サッシは意匠だけでなく、性能もしっかりしているので安心です。

次は造作工事に入る前に行う大切な気密測定です。

01_20190726144001

04_20190726144001 02_20190726144001

2019年7月25日 (木)

最上の家(山形) 基礎工事

掘削を終えたら次は砕石の転圧です。

構造図をもとに基礎施工図を作成し、職人さんたちが高さをおさえていきます。

複雑な基礎の構成ですが、精度高く施工していただいてます。

01_20190725185301

 

2019年7月17日 (水)

南古館の家(福島) 建て方

お天気にも恵まれ、先月末建て方が無事終了しました。

今回は見学会を兼ねた建方となり、たくさんの方に足を運んでいただきました。ありがとうございました。

 

当事務所としても始めての試みだったので、机上では半日でできると思っていたのですが…。

大工さんたちの現場での柔軟な対応に助けられ、次に活かすべき課題が明確になった1日でした。

Img_4655 

 

大型のパネルによる施工は、敷地条件、計画プラン、仕様によって適・不適はありますが

丸1日でほぼ上棟+α(断熱、耐力面材、サッシ取付済み)の状態はかなり早いのではないでしょうか。

Img_4692-2

 

 

そして昨日は、秋田市内でパネルの建方を行うとのことで見学に行ってきました。

当事務所の建て方にも足を運んでいただいていて、課題を共有していました。

 

それぞれ現場で、それぞれの課題が見つかるものですが、共有し、関係者一丸となってスキルアップに努めて行きたいと思います。

このような機会をいただける建主の皆様、ありがとうございます。

引き続きよろしくお願いします。

最上の家(山形)基礎工事着手

施工準備期間を経て、最上の家の工事着工です。

整地を終えた敷地に重機が乗り込み掘削の開始です。

これからお引き渡しまで、工事状況を報告していきます。

01_20190717095001

2019年7月10日 (水)

国見ヶ丘の家 断熱工事−2

内部の断熱工事が終えたら、次は外部付加断熱工事へと進みます。

天候を確認しながら養生を部分的に剥がし、職人さんたちがブラスウールを入れていき、

次にグラスウールを入れ終えたところから、防水性能に優れる強化石膏ボードを貼っていきます。

普段はブルーシートでしっかり養生していただいているので外部の変化はわかりづらい所がありますが、

順調に工事は進んでいきます。

 

01_20190710172901_20190712152501

02_20190710172901

03_20190710172901_20190712152501

 

2019年7月 5日 (金)

国見ヶ丘の家 断熱工事-1

付加断熱下地工事を終え、

断熱工事へと現場は進んでいきます。

今回は壁の充填断熱、屋根断熱両方とも「グラスウール吹き込み」を採用しております。

専門の施工会社に入っていただき、精度の高い施工をしていただいております。

レンジフードのダクト部分の貫通処理もしっかり行なっていただき、

換気工事へ進めていくことができます。

03_20190705154501

一部、照明が設置される場所はしっかり下地を組み気密処理をしていただいてます。

02_20190705154501

吹き込み工事完了後、電気配線工事を行なっていただいてます。

工事担当の方も高気密仕様の住宅を担当したことがあるとのことで、

施工上重要な部分の申し送りをスムーズに行うことができました。

01_20190705154501

順調に工事が進んでいきます。

2019年6月27日 (木)

国見ヶ丘の家 付加断熱下地工事

雨が降ったり止んだりという日が続いてますが、

しっかり養生している国見ヶ丘の家の工事現場は心配ありません。

ブルーシートを一部剥がしては工事を行い、

終わったらしっかり養生する。

この一手間が、快適な住まいを創りあげるのにとても重要です。

01_20190712213501

現在は付加断熱工事の下地を作っていただいてます。

03_20190627174201

また、スチールの庇も取付け完了です。

02_20190627174201

内部は、空調設備の配管工事が進められております。

04_20190627174201

順調に工事が進んでいきます。

«森合台の家(福島)配筋検査

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ