« 紫山の家(MYS) 基礎の模型 | トップページ | 紫山の家(MYS) 模型写真2 »

2011年5月20日 (金)

紫山の家(MYS) 遣り方確認

紫山の家(MYS) 遣り方確認 @都市建築設計集団/UAPP

今日は先日施工した遣り方の確認に行ってきました。

建物の平面形がシンプルなので、全周遣り方とせずに四隅+αとしています。
この方が作業しやすく、重機を使用する際にもぶつかって基準線がずれるなどの心配が減ります。1

こちらの汚水マンホールの中心が今回のBM(ベンチマーク=高さの基準)です。
ここを高さの基準点とし、BM+520mmが今回のGL(グランドライン=地面高さ)になります。周囲のブロック塀上端から-50mmくらいがGLとなります。2

仮設トイレと仮設電気も設置されました!
3

敷地境界からの離れを確認していきます。4

北側道路から6350mm OK。
5

隣地境界線からの離れも確認。
6

7

1670mm OK。
8

西側道路からの離れも確認。
9

北東側も。
10

地味な作業ですが、ここが狂うとすべてが間違うのでひとつずつ確認していきます。
地区条例で壁面後退距離の指定もあるので注意してチェックしていきました。
この後掘削工事に入ります。

« 紫山の家(MYS) 基礎の模型 | トップページ | 紫山の家(MYS) 模型写真2 »

2011 紫山の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫山の家(MYS) 遣り方確認:

« 紫山の家(MYS) 基礎の模型 | トップページ | 紫山の家(MYS) 模型写真2 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ