« 初スイカ | トップページ | 紫山の家(MYS) 捨てコンクリート »

2011年6月12日 (日)

左官職人

 今日は大学時代の友人で左官職人の原田くんのところに遊びに行ってきました。
原田くんは京都の桂離宮や金閣寺の壁の修復を手がけてきた浅原雄三さんという
凄腕の左官職人さんのところでの修行を終え、最近故郷の山形に戻ってきました。
左官職人でありながら一級建築士という努力家です。すごいっ!!!
1

自分は今までメーカーですでに配合された「商品」としての左官材料しか扱ってこなかったのですが、
原田くんみたいなこだわりを持った左官職人さんたちは自然素材を調合して、
左官材料をいちからつくっていきます。
2

素材からどのような仕上がりになるかを想像しながら作業をすすめていく過程は、
料理人や薬を調合する薬剤師などと似ているそうです。
3

ここにある左官材料はすべて自然素材です。
自然の土だけでもこんなにカラフルな色がたくさんあるんですね。
しかも左官塗りは調湿効果もあり、健康にも良いし、防火性、防水性にも優れています。
4

調合の仕方で、昔ながらの漆喰壁や、土の素材感を出せる土壁、
磁器のようにつるつるした磨きの壁など様々な質感をつくりだすことができ、
色も合わせればアイデア次第で無数の表情をつくりだすことができるそうです。
5

これは原田くんの作品です。かっこいい!色のグラデーションがとてもきれいですね。
6

これは浅原さんの作品に原田くんが仕上げをしたものだそうです!
こんなのも造れるなんて左官とは奥が深いですね。
実際にお米も炊けるそうです。
7

ここからは原田くんのお父さんの作品です。
原田くんのお父さんも大ベテランでこだわりある左官職人さんです。
(まだお会いしたことはないのですが)
ここまでくると完全に芸術家ですね。
8

9

うちのちび助も土壁の手触りが気に入ったみたいでしきりに壁をなでてました(笑)
10

こだわりを持った職人さんと良い仕事ができるよう自分もがんばりますっ!
いいもの見させてもらいました。

« 初スイカ | トップページ | 紫山の家(MYS) 捨てコンクリート »

素材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左官職人:

« 初スイカ | トップページ | 紫山の家(MYS) 捨てコンクリート »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ