« 2011年グッドデザイン賞 | トップページ | 紫山の家(MYS) 壁板金工事2 »

2011年10月12日 (水)

紫山の家(MYS) 壁板金工事

紫山の家(MYS) 壁板金工事 @都市建築設計集団/UAPP

今日も快晴です!
現場は壁の板金工事をしています。
じゃーん!!!南側の黒い外壁ができました!かっこいい!
1

2

現場に行くと、よく「菊池さんこれ納まんないよ!」とか「どうやって施工するんですか!」とか
荒っぽい口調で現場監督さんや職人さんに言われることがあります(笑)
特にハウスメーカーなどの標準納まりで工事してきたベテランの監督さんや大工さんほど、
設計事務所の細かい(めんどくさい)納まりに戸惑います。

建築家って現場の人からすると、細かくてめんどくさくて変なことばっかり考えて、
とても「めんどくさい人達」なんです。
それでも「やってやれない事は何もない」と思って新しいことやっちゃうのも建築家です(笑)

例えば、この外壁。
標準納まりでは板と板のジョイント部はキャップを上からかぶせるだけで済むのですが、
そのキャップの厚みがどうも気に入らない。
そこで板金屋さんに現場で折り曲げ加工してもらうことにしたのですが、
「屋根のように薄く折り曲げると傷がついたりべこべこになったり絶対うまくいかないよ!」と
また板金屋さんの強い口調で怒られます。

でも大抵そんな言葉は軽く受け流して、どうすればうまくいくかを考えます(笑)
こーすればできるんじゃない?あーすればできるんじゃない?と粘ります。
そうすると、あれやこれや考えて板金屋さんがこんな道具を見つけてきてくれます。
4

壁用のハゼ折り曲げ機!探せばやっぱりあるんですよ。こういうのが。
板金屋さんももちろん初めて使用します。ちなみに宮城県で使用されるのもお初のようです!
「10万円もしたんだよぉ〜!」と言いながらも職人さんもまんざらでもない様子(笑)
3

手際よく作業を進めていきます。
6


他にもこのポスト。
標準的な納まりだと無骨でかっこ悪くなります。
これも現場監督、大工さん、板金屋さんを巻き込んで、あーでもないこーでもない。
こんな小さなところもどうすればきれいに納まるかをひたすら考えます。
7

だから建築家は「めんどくさい人達」なんです(笑)
でもそんな面倒なことに付き合ってくれて、
上手に納めてくれる現場監督や職人さんには感謝です。
昔は現場で喧嘩もしてましたが、コミュニケーションが何よりも大切なんで
たまに思った通りにいかなくてもOK牧場と柔軟に考えるようにしています。
100%思いを伝えるのはなかなか難しいですね。
そんな事を思った1日でした。

内装工事も着々と進んでいます。
8

断熱材を詰めていきます。
9

10

大工さんも規格外の鴨居を制作中でした(笑)
11


よろしければホームページもご覧ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菊池佳晴建築設計事務所 http://ykaa.jp


トップページ / プロフィール / 建築に対する考え方 / 主な建築・住宅 / 連絡先

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


« 2011年グッドデザイン賞 | トップページ | 紫山の家(MYS) 壁板金工事2 »

2011 紫山の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫山の家(MYS) 壁板金工事:

« 2011年グッドデザイン賞 | トップページ | 紫山の家(MYS) 壁板金工事2 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ