« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

江古田アパート/谷尻誠

最近の若手の中で一番好きな建築家の谷尻誠さんのオープンハウスが東京であると知り、
いてもたってもいられなくなり、
車で東京まで日帰り弾丸建学ツアーに行ってきました!(笑)

谷尻さんと言えば、最近出した「1000%の建築 僕は勘違いしながら生きてきた」。
早速読みましたが、建築に向かう姿勢など共感するところが多く、
独立してこれから頑張っていこうとしている自分にとっては、
楽しく建築人生を送る上でのバイブル的な一冊になりました。
やっぱり谷尻さんはいいなぁ♪
Tanijiri

オープンハウスは江古田のアパート。
狭く鋭角な角地に建つ6階建ての貸しアパート。
Ecoda1

いくらなんでも人が多すぎでした。中もぎゅうぎゅう。
Ecoda2

階段も一人通るのがギリギリの急な階段です。
Ecoda4

一番左に立っているのが谷尻さん。
Ecoda5

ここら辺は谷尻さんらしい空間。外のような中のような、廊下のような部屋のような。
体験できて素直に嬉しい。
Ecoda7

Ecoda6

ひとつひとつの窓が大きく、何気ない街並みも部屋の一部のようで、狭い部屋も広くなって。
何気ないことがわかりやすくできています。高いところが苦手な自分もなぜか大丈夫でした(笑)
Ecoda8

荒々しい杉板型枠のコンクリート。
Ecoda3

Ecoda9

新しいものを期待しすぎてきてしまったため、
今までの谷尻さんの空間づくりの反復に感じてしまい、
生意気にもちょっと物足りなさもありましたが、
谷尻さんの建物を直に空間体験できることができてとても良かったです!

他にもいろいろ見てきたのですが、今回の弾丸建学ツアーもとても良い刺激になりました♪

ちひろ美術館/内藤廣

以前にも訪れた事があるちひろ美術館。
庭とのつながり、建物や植栽の配置、展示されているちひろさんの優しい絵。
とても天気が良いのもあってか、最高に気持ちの良い時間を過ごせました。
一日中居てもいいくらいの気持ちの良い建物です。
R1041549

R1041657

建物を回遊すると、至る所に居心地のよさそうな場所があって、
ついつい腰をおろしてのんびりしちゃうんです。
R1041652

外で食事しても気持ちが良いし、
R1041588

こんな感じで庭をみながらぼぉーっとしても良いし、
R1041603

あっこのパーゴラもいいなぁなどと思ってみたり、
R1041612

親子用の椅子がちょこんと置いてあって、なんか良いですよね。
R1041628

R1041629

R1041578

絵本部屋も充実しているし、いつかうちの奥さんと娘も連れてきたい場所です。
R1041597


座・高円寺/伊東豊雄

JR高円寺駅前に建つ座・高円寺。
街のなかに突如現れるサーカス小屋のような建物。
あえて閉じる事で、劇場としてのエネルギーを内に秘めながらも、
地域社会に溶け込み、広場のように開かれた劇場です。
R1041488

外の閉ざされた印象とは裏腹に、受付もなにもなくすぅ〜っと建物の中に入る事ができました。
床の模様は照明によるものです。とてもきれいでなんだか期待感が膨らむ演出です。
R1041495

上下方向をつなぐ螺旋階段。踏面もゆったりとっていて、とても緩やかな階段です。
手すりの木も優しい印象。
R1041504

べんがらの壁。
R1041524

R1041525

地域に開いているといいつつも、形態的にどうしても閉塞感を感じてしまい、
昔見に行った長野のまつもと市民芸術館くらいの方が、
地域に開かれた建物としては個人的には好きかなぁと思いました。
R1041531

余談ですが、うろちょろしていたら渡辺えりさんと遭遇しました(笑)

seijou6/横河健


成城の町はなかなかお目にかかれない高級住宅がひしめき合っているため、
歩くだけでとても楽しく勉強になります。
以前務めていた事務所の所長とも何度も成城にきて建物を物色(笑)していたので、
これ前みたなぁと懐かしい感じがします。
有名建築も点在しているし、ポルシェやフェラーリがこれでもかっていうくらい普通に走っているので、
ついついテンションが高くなります。

これはその中でも昔から好きな建物のひとつの横河さんのseijou6という集合住宅。
何度見てもかっこ良いです。
Img_6180

Img_6185

この雨樋なんかたまんないですよね(笑)
Img_6188


Img_6193

何気ない駐車場の仕様なんかもとても勉強になります。
Img_6186


ガーデンコート成城/妹島和世


東京でも有数の高級住宅地の成城に建つ戸建て分譲型タウンハウス。
妹島さんとは思えないような素材感のあるピンク色のレンガの壁が、
成城らしい高級感を出しています。

数年前にも一度見にきたのですが、
現在計画中の銀杏町の家とも構成が少し似ているので気になって再度見に来ました。
Img_6151

構成的には森山邸を大きくしたような感じで、
各住戸が平面的にも断面的にも数珠繋がりに複雑につながっています。

分棟のように小さな棟をずらしながら配置され、
すべての住戸が庭かルーフテラスをもつ構成です。
当然中には入れないので外からじぃ〜っと眺めるのですが、
完全に不審者のため通報されないかたまに心配になります(笑)
Img_6153

Img_6158


牧野富太郎記念庭園/内藤廣


東京練馬にある牧野富太郎さんの自宅跡地を公開した記念庭園です。
牧野富太郎さんは「日本の植物学の父」と呼ばれるほどの植物学者で、
採集した植物は40万点、日本の植物の1/3近くを発見命名したそうです。
すごい人ですね〜。

庭には数えきれないくらいたくさんの樹木が植わっていて、
本物の植物図鑑のようでした。勉強にはもってこいです。
展示されていた植物の絵も驚くほど正確で緻密で見入ってしまいました。
Maki1


Maki4

今年は牧野富太郎さん生誕150周年だそうです。
出身の高知県にも記念館があるので、いつか行きたいなぁ。
建物はちひろ美術館同様建物があまり主張せず、周囲の自然と馴染んでいました。
Maki5


2012年5月21日 (月)

銀杏町の家1/50模型

現在計画中の銀杏町の家の1/50模型を制作しました。
敷地に分散配置した箱とそれをつなぐ浮遊感のあるスラブで建物が構成されていて、
外部はシンプルに見せながらも箱の内部はおもちゃ箱みたいな楽しい空間をつくっています。

昔、大学の教授にいろいろアイデアを詰め込みすぎるとおもちゃ箱みたいになっていいプランに
ならないと言われたことを記憶してますが、今回は空間を明確にわけているため、
とある美術館のように、部屋に入るごとにいろんな体験ができるような、
そんな楽しい住宅にしたいと考えています。
1

2

3

1階ピロティ。
4

2階の壁に囲われた内部空間のような庭。
ハンモックかけてのんびり昼寝したり、バーベキューしたり。楽しげな場所です。
5

箱の中の雰囲気とは異なるニュートラルな空間。メリハリをつけています。
6

8

水盤のある書斎。ここは俗世間から切り離された楽園をイメージしてます。
11

1階の居室。
12

居室につながれた縁側のような開放的で気持ちの良いデッキテラス。
趣味の観葉植物を自由に置いて、道行く近所の人と談笑できるようなそんな場所になればと。
13

9

10

裏には地下や屋上につながれた階段があります♪
15

まだ提案中で基本設計にも至ってない物件ですが、だいぶイメージも出来上がってきていて、
これから詰めて行ければかなり面白い建物ができあがりそうなのでとても楽しみです。
14


2012年5月12日 (土)

iPad

ようやく事務所にも新しいiPadが来ました♪
キーボード付きでノートパソコンみたいにも使えちゃいます。

かなり使い勝手がよく、議事録作りや、画像検索など打ち合わせの効率もあがりそうです。
Img_5866


2012年5月 7日 (月)

連休明け

大型連休も昨日で終わり今日からいつも通り仕事開始です。
事務所も4/29〜5/6まで休みにしたのですが、娘がロタウイルスにかかったため、
旅行の計画も中止になり、のんびりまったりの毎日を過ごしました。

やったことといえば、酒田まで友達と日帰りの釣りに行って何も釣らずに帰ってきたり、
(しかも高速の速度オーバーで18,000円のおまけ付き(苦笑))、
Img_5746

ようやくロタが治って元気になった娘と近くの公園に遊びに行ったり、
Img_5701

料理でもしようかと思い立ち、クリームコロッケなんかを作ってみたり、
Img_5764

となんてことない日々を過ごしましたが、とても良い気分転換になりました。
今日は完全に休みボケですが、気を取り直して明日から仕事頑張ります!!!(笑)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ