« 村田町の家 プレゼン | トップページ | 緑町の家 実施設計 »

2013年7月15日 (月)

ジャンヌレ=ペレ邸/コルビジェ巡礼の記録(2013)

スイスのラ・ショード・フォンで、
1912年、コルビジェ25才で独立して最初に建てた両親のための住宅です。
白い家と呼ばれています。

自分も26才に両親の家を設計しましたが、最初はみんな両親の家からはじめるんですね。
最初の頃はこの家にコルビジェも両親とともに住み、ここで仕事をしていたそうですが、
時計職人である父親の仕事がうまくいかなくなり、後に売却することになったそうです。

くじらの形をした樋や、とかげの把手、窓の煽り止めの金具や窓枠の形状などが装飾的ですね。
1900年代はじめ、今からちょうど100年前にできたこの白い家は、
当時はとても存在感があったんじゃないかなぁと思います。

ちなみラ・ショード・フォンは昔から時計産業が有名な町で、
タグ・ホイヤーなども本社を置く、スイスの時計産業の中心地です。
世界最大の時計の博物館の国際時計博物館もあって、
建築やっている人と、時計に詳しい人はいつかは行ってみたい町のひとつとなっています。


R0013626


R0013638


R0013648


R0013658


R0013665


R0013668


R0013671


R0013676


R0013682_2


R0013696


R0013716


R0013727

« 村田町の家 プレゼン | トップページ | 緑町の家 実施設計 »

2013 コルビジェ巡礼の記録」カテゴリの記事

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ