« 岩沼の家 地盤調査 | トップページ | 先達前の家プレゼン »

2013年10月 1日 (火)

グッドデザイン賞 受賞!

このたび、STEP PHOTO STUDIO(ステップフォトスタジオ)は、その優れたデザインが高く評価され、公益財団法人日本デザイン振興会 JDPより「2013年度グッドデザイン賞(Gマーク)」を受賞いたしました。

Photo

「設計趣旨」

宮城県仙台市の中心市街地よりほど近い場所に建つ写真スタジオです。敷地は高層ビルやマンションが立ち並ぶ商業地域の大通りに面しています。周囲の建物に埋もれることなく小さいながらも存在感のある外観が求められました。

家の中で家族写真を撮るように堅苦しくない雰囲気の建物で、その写真撮影をしている楽しげな様子が街を歩いている人達にも伝わるように、大きな窓のあるシンプルな家の形の建物としました。

建物は高い建物に囲まれていて、太陽の光があまり当らないため夏は涼しいのですが冬は寒くなるため、1階の基礎スラブに蓄熱式の電気床暖房を設置し、冬も快適に作業や写真撮影ができる快適な温熱環境となっています。

内部の構成は、1階が事務所、2階が写真スタジオになっており、表しの木の梁材が空間に心地よいリズム感を生み出し、部屋のアクセントとなっています。また過度な装飾をせず、あえて住宅のような落ち着いた空間としています。

看板やサインなどにたよることなく、街中の景観に配慮しながら建物だけで存在感がだせるよう、外壁はレッドシダーの板張りとしました。ザラザラとしたラフな質感はコンクリートやガラス張りの街並みの中で大きな存在感を放ちます。

木の色は風雨にさらされると年月とともに徐々にシルバーグレーに変化していきます。その自然素材の持つ変化とともに少しずつ姿を変えながら、味わいのある存在感を放ち続けることを期待します。


「審査委員講評」
写真スタジオというプログラムでありながら、住宅のようなこじんまりとした佇まいと存在感のある輪郭が印象深い。このような風景は、街にちょっとしたユーモアと和みを与えてくれるであろうし、写真撮影をするという、最近ではあまり馴染みのなくなった行事をもう一度家族にとっての大切な時間として蘇らせてくれるような求心力も持つことになるに違いない。デザインの持つ力である。
担当審査委員| 千葉 学 (ユニット長) 乾 久美子 高橋 晶子 安田 幸一


グッドデザイン賞受賞展「グッドデザインエキシビジョン2013」
10月30日(水)から東京ミッドタウンで開催される受賞展の会場で、STEP PHOTO STUDIO(ステップフォトスタジオ)が本年度受賞作として紹介される予定です。

会期:10月30日(水)〜11月4日(月/振休)

会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)

主催:公益財団法人日本デザイン振興会

Gooddesign


グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は39,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

« 岩沼の家 地盤調査 | トップページ | 先達前の家プレゼン »

2012 ステップフォトスタジオ」カテゴリの記事

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ