2013 葬祭会館

2014年7月 2日 (水)

祝 葬祭会館エニシア竣工!

涌谷町にある葬祭会館が先日竣工し、無事お引き渡しをさせて頂きました。

お問い合わせ頂いてから約1年4ヶ月。
電気水道ガスなどのインフラが何も通っておらず、
周囲にほとんど建物も建っていなかったため、
そもそも建物が建てられるのか?インフラ整備にどのくらいお金が必要なのか?

線路や一級河川そばに敷地があるため、JRや河川事務所との協議が必要だったり、
雨水などの排水先などもなく、国交省と何度も協議したりと、
建物を建てる以前の手続きがとても大変な物件で、
それをひとつひとつクリアしていきなんとか着工にこぎつけました。

着工してからも限られた工期の中で終わらせる必要があり、
本当に待った無しの現場でとても緊張感がありました。

見た目以上に難易度の高い現場でしたが、
建主さんにもとても満足して頂けて、
笑顔でお引き渡しすることができてほっとしました。
あとは駐車場を設置すれば完成です。

竣工写真は後日撮影してアップしたいと思います。

菊池

Img_6291


Img_6295


2014年5月19日 (月)

葬祭会館 内外装下地工事

前回の記事から1ヶ月,なかなか更新が出来ず
失礼致しました。

今日の1枚はこちらから。

1_2

建て方も無事終わり,外装の下地工事が行われております。
壁面に貼ってあるのは「透湿防水シート」です。
外部は建物内部に水が入ってこないように、
内部は湿気を外部に逃がすという役目を果たします。

現場にいくと
「やけに今日は車が多いな〜」
と思って,建物の中に入ってみると・・・

2_2

平行して,内装仕上げの下地工事も行われていました。
写真にはそんな職人さん達は移ってませんが,
邪魔にならないように,隅っこのほうで撮ってます(笑)

以前, 「ウサイン・ボルトなみの超ハイスピードの設計で」
とこのブログで書かせてもらいましたが,
現場はウサイン・ボルトも驚く程のハイスピードで進んでます!!

下地が完成すれば,次は仕上げ工事です。

遠藤

2014年4月17日 (木)

葬祭会館 鉄骨建方開始!!

本日は快晴。
宮城県の北部に位置する計画地周辺は桜が満開です。
その写真を取らずUPできない失態をするという・・・

気を取り直して本日の1枚
1

快晴をバックに、防錆塗装の鉄骨材が雨翌日の竹のように
地面から伸びていました。

今回は軽量鉄骨造を採用してます。
施行会社さんの持つ工場で柱・梁が製作されてきますので
あっという間ですね。

工事着工から一ヶ月半,建物の形が見えてきました!!

2


テンションが上がり,菊池がパシャパシャと写真を取っています(笑)。
これが終われば,次は土間コン打設です。

遠藤


2014年3月26日 (水)

葬祭会館 コンクリート打設

本日は晴れ、気温16度。
春の陽気が近づきつつある三月末。

今日は1回目のコンクリート打設です。
予定時間の前に現場に到着すると・・・

1

コンクリート打設のポンプ車が準備を整えてました!!
職人さん達も準備OKで、コンクリートの到着を待ちます。

打設開始予定の時間、コンクリートが到着。
設計事務所立ち会いのもと
「コンクリート受け入れ検査」を行います。

2

工場で製造されたコンクリートが設計で指定された品質で
製造されたか確認します。

設計通りの品質と確認終了、コンクリート打設です。

3

職人さん達のチームワークで型枠にコンクリートが流し込まれていきます。

最後に、一部ですが打設終了部分の写真を一枚。

4

コテを使い表面部を整え打設終了。
養生し、コンクリートが固まるのを待ちます。

次回は基礎立上がり部分のコンクリート打設です。

遠藤


2014年3月21日 (金)

葬祭会館 配筋検査

まずは、今日の現場写真を一枚。

1

昨日からのみぞれ雨で,現場にも水がたまってました・・・。

しかし現場監督さんが既に対応してくれてましたね。
下の写真をみてみると,

2

ポンプで水をくみ上げてもらってました!!
迅速に対応してくれてありがたいです。

さて,今日は「配筋検査」です。
構造計算により作成された図面通りに鉄筋を配置しているか?
基礎のサイズは間違っていないか?
施行会社さんと設計事務所で確認を行っていきます。


3

現場監督と図面との整合性を確認中です。
ここは出入り口の場となる部分の一つなので,
鉄筋の高さが一部変わってきます。
その位置の確認と,適切に鉄筋が配置されてるか
再度図面と照らし合わせてます。

最後に写真をもう一枚。

4

コンクリート型枠の大きさが適切か確認中です。
スケールをあてて確認,適切に施行されてましたね。
この型枠の中にコンクリートが流し込まれていきます。

あいにくの悪天候でしたが,無事検査を終了。
来週はコンクリート打設です!!

遠藤

2014年3月19日 (水)

葬祭会館 鉄筋工事

今日は第2回目の定例会議、
各工事担当者が現在の状況を報告し
情報の共有をはかります。

現場は今日も順調に工事が進められております。
今日は「鉄筋工事」です。

基礎の配筋工事が行われておりました。
その状況を1枚。

1

少しづつですが,建物の形が見えてきてます!!
基礎は地面の下に隠れてしまいますが,
建物を支える重要な部分です。

この配筋作業が終われば
次は「配筋検査」です。

遠藤

2014年3月13日 (木)

葬祭会館 第1回定例会議

今日はあいにくの雨模様。
それでも工事現場は日々着々と進行してます。

地鎮祭から約二週間,今日は第一回目の定例会議です。
目的は,各工事の担当者と施主様の顔合わせ,今後のスケジュール
の確認です。

現場では,地盤改良工事も無事終了し
建物の基礎を作るための根切り(土を掘る事)工事
が行われていました

こちらが現在の状況です。
1
職人の皆さん,雨の中ご苦労さまです。

そして平行して砕石敷込み,転圧作業が行われています。


2

この上にコンクリートの基礎が作られます。

最後に柱状改良部分のアップを一枚。
3

ボーリング調査の結果,敷地の地盤があまり固くないので
直径60cmのセメントの柱を地面6m下まで約200本打ち込み
建物の不同沈下を防ぎます。

来週からは基礎の鉄筋工事です。
建物の構造で重要な部分,しっかり監理していきます!!

遠藤

2014年2月27日 (木)

葬祭会館 地鎮祭

夏のボーリング調査以来,久しぶりのブログ更新です。
先日,葬祭会館の地鎮祭を行いました。

施主様,工事関係者,設計事務所が参加し
これからの工事の安全を祈願しました。

地鎮祭に参加させていただくと,
「いよいよ現場がスタートするのだな」と
身が引き締まる想いです。

施主様に引き渡すまで,しっかり監理を行っていきます。

写真は地鎮祭の様子と,建物の位置を確認する地縄張り後の敷地の様子です。

1


2


2013年9月10日 (火)

葬祭会館 ボーリング調査

今年の3月頃にお話を頂いたプロジェクトでしたが、
土地がようやく決まり、プランもまとまってきたので設計をいっきに進めることになりました。
ウサイン・ボルトなみの超ハイスピードな設計を求められているため、
かなりハードですが、良い建物ができるよう精一杯頑張ります!

今日は、ボーリング調査の確認をしてきました。
この周辺地域は地盤が悪く、簡単に棒が入っていってしまいます。
あっという間に30m。まだ支持地盤が出ないとのこと。
早く堅い地盤が出る事を祈りつつ、杭に頼らない地盤改良も考えねばです。

何事も基礎が一番大事です。
急ぎですが、慎重に選定していきたいと思います。

Img_2126

Img_2118

Img_2123


フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ