2014 国見ヶ丘の家

2017年3月23日 (木)

エコハウスアワード 優秀賞受賞!


この度、「国見ヶ丘の家」が
パッシブハウスジャパン主催 エコハウスアワード2017
地域トップランナー基準部門で優秀賞を頂きました!!!

1

国内で一番のエコハウスを決める審査会にて、
まさに地域のトップランナーの建物として、
デザインと性能の両面において評価されたことが
とても嬉しく思います。

2

建主はじめ、
仙台ではじめてのドット住宅を施工して頂いた株式会社キクチさん、
温熱環境において適切なアドバイスをして頂いたドットプロジェクトの長土居さん、
イーシステムの横山さん及び、モルクス建築社の佐藤さん、
いろいろとサポートしてくれたチャネルオリジナルの大柳さん、
その他職人さんはじめ携わって頂いたすべての方に感謝致します。

ありがとうございました!

暖かく気持ちの良い住まいをこれからも造って行きますので、
今後とも何卒よろしくお願いします。

菊池

3

2016年9月26日 (月)

国見ヶ丘の家 完成写真

性能とデザインを両立することを目標に、モダンデザインでありながら、
Q値0.99という超高性能住宅に仕上がった国見ヶ丘の家の完成写真が出来ました。

写真撮影:越後谷出

1


2


3


4


5


6


7


8

2016年5月 6日 (金)

国見ヶ丘の家 内覧会

先日,建主様の御厚意により内覧会を行わせていただきました。

当日はこれから家造りをご検討の方,
高気密・高断熱仕様の住宅に興味をもたれている同業者の方々等
沢山の方にお越し頂きました。

代表菊池の方から,建物の概要,今回の仕様に行き着いた経緯,設計・施工で苦労した点等
来場者の方々に説明させて頂き,盛んな意見交換等が行われました。

01

私共事務所,施工いただいた工務店さんにとっても初めての試み,
建主様のご理解,関係各者のご協力により「温かい快適な住まい」を造り上げる事ができました。
改めてお礼を申し上げます。
本当に有り難うございました。

先日無事引き渡しをさせて頂き,建主様家族が新生活をスタートしてます。

竣工写真は後日改めて紹介させて頂きます。

最後に1枚。

02

内覧会を無事終え,菊池が満面の笑みです!!

Endo


2016年4月12日 (火)

国見ヶ丘の家 内覧会のお知らせ

1

この度、宮城県仙台市国見ヶ丘にて設計・工事監理を進めて参りました
宮城県内トップクラスの断熱性能のQ値(熱損失係数)0.98、C値(隙間相当面積)0.4という
超高気密高断熱住宅の「国見ヶ丘の家」が竣工いたします。
どんなに寒い冬でも「本当に暖かく快適なデザイン住宅」をコンセプトに、
デザインだけでなく性能面もトップクラスを目指したこれからの新しい住まいです。

建築主様のご厚意により、下記の日時にて内覧会を開催させていただくことになりました。
皆様におかれましては大変ご多忙中とは存じますが、ご高覧いただければ幸いです。

「国見ヶ丘の家」内覧会
日時   :4月23日(土)10時〜、13時〜
      4月24日(日)10時〜、13時〜、16時〜
住所   :宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘(詳細地図はお申し込み頂いた方にお送り致します)
交通   :仙山線(東北福祉大駅)徒歩20分、バス(国見ヶ丘5丁目)徒歩5分
      車(現場に駐車場がないため近くの駐車場に集合の上、現場まで送迎させて頂きます)
       (住宅地ですので路上駐車等で近隣の方に迷惑にならないようご配慮お願いいたします)
当日連絡先:菊池 080-5228-4480

内覧会のお申し込みは、info@ykaa.jp
まで下記の内覧会申込書を送信ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<国見ヶ丘の家 内覧会申込書>

日時:4月23日(土)10時〜、13時〜、
     24日(日)10時〜、13時〜、16時〜
   (完全予約制)

氏名:

参加人数(申し込み者含む):

連絡先(携帯):

交通手段: 車 / 電車 / バス
※敷地には駐車場はございませんので、お車でお越しの際は、
 近くの駐車場に集合の上、現場まで送迎いたします。詳細はお申し込み頂いた方に後日ご連絡させて頂きます。

申し込み締め切り期限 4月22日(金)まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<建物概要>
用途   :個人住宅
構造   :木造
規模   :地上2階

設計監理 :菊池佳晴建築設計事務所
施工   :株式会社キクチ

<断熱>
基礎  EPS100
基礎下 EPS50
壁   グラスウール16K 105+100
屋根  グラスウール32K ブローイング300
    +ポリスチレンフォーム3種B45
<構造>
在来木造(APS金物使用)

<気密シート>
建て方時先張り仕様
天端リスト(日本住環境)
壁貫通部 塗膜気密塗料(ドルケンジャパン)
サッシ廻り VKP Trio(ウルト社)

<超高性能サッシ>
ウェル / ユニルクス(チャネルオリジナル)
(ドイツから4ヶ月かけて運んでもらいました)
木製玄関ドア CURATIONER(山崎屋木工制作所)

<換気>
一種換気(スティーベル)

<暖房>
PSパネルヒーター(電気ヒートポンプ)

高気密高断熱専門の方も納得の超高性能住宅となっています!

2016年4月 8日 (金)

国見ヶ丘の家 コンクリート打設

本日は外構工事のメイン
コンクリート打設です。

現場到着後最初の作業は


01

コンクリートの受入検査です。
強度・混和材・工場出荷時刻等の確認を行います。

打設開始です。

02

03

杉板型枠での1発勝負,
職人さん達が神経を張り巡らし丁寧に打設いただきました。

来週には型枠を外し,仕上げが見えてくる予定です。

Endo


2016年3月30日 (水)

国見ヶ丘の家 型枠工事

外構工事も本格的になってきました。

今回はコンクリートの塀を計画しています。
今日は型枠のと配筋状況の確認です。

01

足場を組んで配筋して頂いてます。

コンクリート打放しで行います。
更に次の写真をご覧頂くと解るのですが・・・

02

杉板型枠です!!
コンクリートに木の表情を出すために1枚1枚杉を加工いただいてます。
何度も打合せを重ね又,実際に杉板型枠のコンクリートを見学に行きました。

丁寧に工事を進めていただき,有り難うございます。
完成が楽しみです。

Endo


2016年3月11日 (金)

国見ヶ丘の家 足場解体

先週外部の足場が取れ
建物の外観が見えるようになりました。

01_2

ジョリパットで建物全体を塗装いただいてます。
これまで,模型・CGで検討を行い
建主さんと打合せを重ねながら決定しました。

玄関部分ですが

02_2
レッドシダーでルーバーを製作しています。
ルーバーの間隔・色味,現場での施工方法・納まりを吟味してます。
建主さん,工務店さん,設計事務所も満足の行く仕上がりとなりました。

足場が取れ,外回りは外構工事へと入っていきます。

Endo


2016年2月16日 (火)

国見ヶ丘の家 内部造作工事

建具の木枠が取付完了との事で確認の為現場へ。

03

2階リビング入口のドア枠です。
方袖ガラスの開きドアとなります。

04

細かい枠和まりも奇麗に仕上がってます。

今回の枠製作は,家具屋さんに携わっていただいてます,
精度が良く,大工さんの方も取り付け安いとの事でした。

キッチンも取付完了です。

01

拘りに拘ったキッチン,
建主さんの想いが詰まってます!!

現在は養生中ですが全貌が明らかになるのが楽しみです。

これから内部の仕上げに入っていきます。

Endo


2016年1月30日 (土)

国見ヶ丘の家 造作工事

内部造作工事の下地が終えた所から順に
造作工事を進めて頂いてます。

2階の床仕上げ材です。
02

今回採用しているのは
国産ナラのフローリング,落ち着いた色味を持っています。

大工さんに奇麗に割り付けて頂きながら取り付けて頂いてます。
一部床を開けてもらってますが,
ここには床埋め込みの「パネルヒーター」を取り付ける計画となっています。
開口部分のコールドドラフトを防止する目的です。

床に近づくと
01
直径2cm位の穴が2つ。
壁付け式パネルヒーター設置の為に設けている配管穴です。

上を見上げると
03
天井にはエアコン。

今回の空調・暖房計画は
夏はエアコンによる冷房,冬はパネルヒーターによる暖房となっています。

前回紹介した階段ですが,
04
踏板の造作を進めて頂いてます。
床材同様,ナラ(ホワイトオーク)を採用してます。
仕上がりが実に楽しみです。

寒いひが続きますが職人の皆さん,
工事の方,どうぞよろしくお願いします。

Endo


2016年1月25日 (月)

国見ヶ丘の家 内部造作下地

年が明けて約1ヶ月,
現場の方は今日も順調に工事が進められております。

まずは大工工事。
03
間仕切りの下地を入れて頂いてます。
仕上げのボードを貼る準備を着々として頂いてます。

次は金物工事。
04
建物の顔の1つとなる
「鉄骨階段」を取り付けてもらいました!!

外の景色を眺めながら2階へと続くこの階段,

設計の段階から,模型製作,CG検討,材料の選定etc…
細かい所に気を配りながら進めてきました。

奇麗かつ丁寧に製作頂き有り難うございます!!

最後に換気工事
05
第1種機械換気の天井配管です。

換気設計者立会のもと
ルート・各部屋の天井高さの確認,他の設備との取り合いの調整等を行いました。
目には見えて来ませんが,快適に生活する上では大変重要な役割を担います。

職人の皆さん
引き続き宜しくお願い致します。

Endo


フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ