« 岩沼の家-現場確認 | トップページ | 「沖野の家」がグッドデザイン賞を受賞しました! »

2015年9月30日 (水)

「白河の家」がグッドデザイン賞を受賞しました!

このたび、「白河の家」は、その優れたデザインが高く評価され、公益財団法人日本デザイン振興会 JDPより「2015年度グッドデザイン賞(Gマーク)」を受賞いたしました。

G_type2015_i2
グッドデザイン賞2015 白河の家


「白河の家 設計趣旨」
福島県白河市に建つ子育て家族のための住宅です。忙しい日々を過ごす両親が家にいる間はできるだけ家族との時間を楽しめる家を造りたいとのご要望でした。そこで、どこにいても家族の気配がわかる家、光と風の移ろいを感じながら休日を心穏やかに過ごせる家、リビングから外につながる開放的でバーベキューなど家族で楽しめるような広いテラスがある家、少し籠って落ち着きたい時の居心地の良い小屋裏空間という4つの要素をとりいれたシンプルな構成の住宅となっています。

設計:菊池佳晴建築設計事務所
施工:有限会社鈴常工務店 鈴木昭一郎

Shirakawa


「審査委員講評」
本対象は極限までそぎ落とされたシンプルな切妻の外観と空間が魅力の建物で、それゆえ多くの人に受け入れられる強度を持っている。中でも二階の屋根裏部屋は立てないほどの天井の低い空間であるが、それが逆に家族にとって豊かな空間になりそうである。人は自然とあたたかい表情の木の天井に背中を包まれるような感覚で座り、中央に顔を向けて座るだろう。家族が見つめ合うための住宅である。
担当審査委員| 古谷 誠章 篠原 聡子 中村 拓志 松村 秀一
※補足:屋根裏部屋は大人も十分立てるスペースとしています(菊池)

グッドデザイン賞受賞展「グッドデザインエキシビション2015(G展)
10月30日(金)から東京ミッドタウンで開催される受賞展の会場で、「白河の家」が本年度受賞作として紹介されます。
会期:10月30日(金)〜11月4日(水)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
主催:公益財団法人日本デザイン振興会

G_type2015_a

グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は42,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

« 岩沼の家-現場確認 | トップページ | 「沖野の家」がグッドデザイン賞を受賞しました! »

2013 白河の家」カテゴリの記事

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ