« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

断熱・気密施工技術エキスパート合宿会

今年の4月から月に一度、

住まい環境プランニングさん主催の

「断熱・気密施工技術エキスパート合宿会」

に参加してきました。

目的は、

①:施工技術を学び実際の設計に反映させること。

②:現場を監理する上で重要なポイントを抑えること。

③:施工の大変さ、難しさを体験すること。

です。

計3回に分けて行われた今回の合宿、

■第1回目は「建て方」

実際の工事現場で今回は勉強させていただきました。

01

建物外周部の「梁」に「先張り」で「気密シート」を取付ます。

03

02

取付が終わったら組上げていきます。

04

合板を敷く際にも「パッキン」を取付け、梁と合板を密着させていきます。

05

1つ1つの丁寧な施工が気密性能を高めていきます。

06

そして、何よりも大事だと感じたのがこちら。

07

養生です。

建物が雨で濡れないようにブルーシートでグルグルに囲っていました。

断熱材は湿気に弱いです、湿気を含んでしまうと断熱材として機能しなくなるのと

建物完成後、壁の中でカビが発生し人体に影響を及ぼしてしまいます。

そのような事が起きないように又、

建物の性能を十分に発揮させる為、

養生が大変重要だと学びました。

■第2回目は「サッシの取付け」

現地で施工方法説明後、実際に先張りシートの施工をさせていただきました。

内部の気密シートと外部の透湿防水シートを連結していきます。

08


09

先張りシート施工完了後がこちら。

10

サッシを取付けて施工完了です。

16

丁寧に教えていただいたので、何とか問題無く施工する事ができました。

今まで参加していた講習会では見るだけでしたが、

実際に手を動かす事で、開口部周りの設計・施工方法をより具体的に理解する事が出来ました。


■最終回は「断熱材の充填」「気密シート張り」「気密測定」

最終回は覚える内容が盛りだくさんな3日間でした。

壁に入れる断熱材をカットし、充填していきます。

11

17

充填後は気密シートを張っていきます。

12

外の付加断熱部分も同様に充填します。

13

外部は透湿防水シートを張り、防水・防風層を形成していきます。

14

断熱・気密工事が終え、最後に気密測定を行いました。

気密測定士の資格を持つ現場監督さんが測定を行います。

緊張の瞬間・・・

15

結果はC値0.21という、かなり気密性の高い結果となりました。

良い結果が生まれ、私達参加者もひと安心でしたが、

大工さんのホッとした表情が何よりも印象的でした。

今回、実際の工事現場で施工を体験させていただいて、

施工者の「技術力の高さ」もそうですがそれ以上に「意識の高さ」を感じました。

現場に入る職人さん一人一人が、「何故この工事が必要か?」を理解し、

当たり前のように工事を行っていたのがとてもすばらしかったです。

設計者、施工者でそれぞれ立場は違いますが、「良い建物を造りたい」という想いは共通です。

今回、合宿に参加し得た知識・技術を今後の「暖かい家造り」に活かしていきたいと思います。

endo

米ヶ袋の家 屋根板金工事・らせん階段取付工事

本日は屋根板金工事、
らせん階段取付工事が行われておりました。


Dscf0303


Dscf0307


雨じまいの関係で寸法が大きくなってしまう箇所を、
すこしでも薄く見せることができればと考えた納まりで、
軒先の板金を加工して頂きました。


ちょうど職人さん方の休憩中にあたりまして、
道具のお話など現場はとても興味深く、
ついつい長居してしまいました。


Dscf0305


S0010310

こちらは、金物取付中のらせん階段です。

なるべく細くふわっとした印象にしながら、
安全にのぼり下りができるようにと、
金物屋さんに詳細図面を描いて頂き、
何度も調整して形になりました。


手を動かしてつくれない身なので、
何かを手でつくることができる方々は
ほんとうに素敵だと思います。


基礎⇒金物⇒大工⇒塗装
とらせん階段ひとつ取っても4段階。


分業制だとすべて完成後した姿を
なかなか見られないとのお話を伺いましたので、
すこしづつ写真あげて参ります!

saeki

2017年6月27日 (火)

塩竈の家 基礎型枠工事

順調に基礎工事が進んでいます。

今日は、コンクリート打設前の確認です。

型枠が組み上がってます。

01

断熱材を型枠に組み込み、コンクリートを打設する計画です。

02

又、土台を固定するアンカーボルト、ホールダウン金物もセット完了です。

部分的に役物加工をしていただいている部分があります。

玄関ドア部分です。

03

どのように納まってくるのか、今後ブログで明らかになってきますのでお楽しみに。

endo


2017年6月26日 (月)

米ヶ袋の家 上棟式


米ヶ袋の家の上棟式が執り行われました。

お天気にも恵まれてすこし汗ばむ陽気の中で、
現場監督さんに式を進行して頂きました。


Dscf0292


祭壇には、弊芯棒と扇飾り、野菜やお酒、お餅、
朝市場に上がったばかりのとても立派な鯛も!


Dscf0283


その後はお話をしながら、
おいしいお弁当やおやつを頂きました。


Dscf0295


さりげなく選ばれているものがとてもすてきで、
ほくほくした気持ちになっておりました。
娘さんたちのお手伝いの姿も可愛らしかったです。
ほんとうにありがとうございました!

気持ちをまた新たにして、
安全第一で現場を進めていければと思います。

Dscf0298


Dscf0299

屋根もルーフィングまで敷き終わりました。
風が抜けて、とても気持ちよい(すこしだけ怖い)空間。
空が高いです。


構造躯体はほぼ完了。
屋根、外壁まわりと進んでいきます。


saeki

2017年6月24日 (土)

米ヶ袋の家 屋根工事


米ヶ袋の家、屋根工事に入ってまいりました。

高さ6mほどの足場を行き来すること4日目。

隙間をシールで埋めるという役割を頂き、
屋根の上を、動くいてみるものの何もかもスローに…。

撮った写真はピンぼけかフレーム定まらず…。


職人さんたちが手を動かす姿を見ていますと、
設計にフィードバックできる部分もたくさんあるので、
上って上って上って慣れていこうと思います。


ブルーシートでしっかりと養生された
建物内部は光の感じがすこし不思議な空間になっています。

これだけきちんと囲って頂いているので、
雨風吹いても安心です。

Dscf0257

Dscf0275

Dscf0265


建て方前に設置されたらせん階段も何やら青し。

Dscf0261


完成イメージはこのような感じです!
(※遅くなりました。初期の模型のため多少変更ありです。)

四角い箱のまんなかをアールでするりとくり抜き、
その凹凸で、共有と個別の空間を構成しています。

ふわりと浮いた2Fのリビングと吹抜けは、
光と外と内の変化にあふれた
たのしい風景を交わる場所となりますように。


Dscf0282

梅雨を迎え、紫陽花の季節です。

Dscf0270


saeki

2017年6月23日 (金)

塩竈の家 基礎コンクリート打設

本日は基礎コンクリートの打設です。

天気が良い中、問題無く工事を進めていただきました。

徐々に建物の形状が見えてくるとやはり嬉しいです。

養生を終えた後、立上がり部分の型枠を設置し

2回目のコンクリート打設に進みます。

01


02

endo


2017年6月21日 (水)

塩竈の家 配筋検査

今日は配筋検査の為現場へ。

構造計算通りに鉄筋が組まれているか確認していきます。

03

生憎の雨ですが、検査は予定通り行います。

訂正箇所を伝え、手直し完了後コンクリート打設です。

endo


米ヶ袋の家 建て方

米ヶ袋の家の建て方がはじまりました。

Dscf0187


ポイントを抑えながらの施工が大切になるのが
高断熱高気密の住宅。


今回は、温熱環境に優れた施工に数多く携わっておられる
住まい環境プランニングさんに施工現地指導をして頂きました。


鳶職人さん、現場監督さんに、大工さん
そして施工指導の住まい環境プランニングさんと設計。


いつもの何倍もの人数が揃った
活気あふれる現場でどんどんと作業が進行していきます。


Dscf0203

Dscf0214

Dscf0224


住まい環境プランニンングさんの施工指導は、
動く教科書が目の前に現れたようで、
私事ながら、ほんとうに学び多き1日となりました。


意匠と性能のどちらかに偏るのではなく
よくばりに両方をバランス良く備えた住宅の在り方。
そのためにいかに様々な事を考え抜けるか。


遠く大きな背中を目の当たりにしまして、
ちいさい自分ですが、地道に一歩一歩進んでいこうと思いました。


雨風に備えてブルーシートでしっかりと養生して頂き、
外部の工事はいったんストップ。


Dscf0235


たくさんのプロの仕事のリレーに支えられ、
現場通いの日々は続きます。


saeki

2017年6月13日 (火)

塩竈の家 基礎工事(1)

本日は週に1度の定例会議。

現場状況の把握と作業工程の確認、問題点等があるか施工者と申し送りをしていきます。

現場は地盤調査の結果、改良が必要となり直径約10cm程度の鋼管杭を5.5m打ち込む形となりました。

施工後です。

01

地面より約15cm程見えてますが、砕石を敷詰めると問題無く納まります。

砕石も順次敷詰められていきます。

02


03

Endo


2017年6月 8日 (木)

芸工大の授業

毎年、東北芸術工科大学の2年生の住宅の授業があり、先日最終講評をしてきました。

何日か徹夜して模型やプランを仕上げてきたようで、みんなほんと良く頑張りました。

Img_2323


学生と接することで、自分を客観視することになるのですが、

この仕事をしていると寝ている時も飲んでいる時も、

お風呂に入っている時も建築のことが頭から離れず、

1日も休むことなく飽きることなくよくもまぁ建築と向き合ってるなぁと

自分事ながら感じます。

すぐに答えを出さずに、とにかく粘り強く考えぬくことで、

はじめて形になっていくんだなぁと改めて感じました。


とにかくがむしゃらに好きな事をとことん頑張れる人に育ってくれればと思います。

自分も良い建物ができるようさらに粘り強く頑張っていこうと思いました。

菊池

2017年6月 7日 (水)

塩竈の家 位置出し

本日は建物の配置を確定する為に現場へ。

01

地鎮祭前に先行していた擁壁工事も無事終わりました。

奇麗な仕上りです。

整地した段階で、建物を位置を正確に出していきます。

02

次は基礎工事へと進んでいきます。

Endo


米ヶ袋の家 給排水配管工事


工事現場〜事務所までの距離は、車で10分、徒歩20分。


通勤前にちらりと寄って確認するためにも、
自転車移動はじめてみました。

風がとてもきもちよく、運動不足も解消!

車と時間もそんなに変わらないので、
しばらく頑張ってみようと思います。


さて、現場は給排水配管まで完了いたしました。

Dscf0177

Dscf0179

水廻りが1階まとまったシンプルな間取りなので、
経路はすっきりしています。


基礎天端から絶妙な寸法でカットして頂いた断熱材も、
なかなか胸熱。

Dscf0184

現場の入り口で、
ミントがすくすく育っておりました。


緑はいつ見ても癒されます。


saeki

2017年6月 2日 (金)

塩竈の家 地鎮祭

6月吉日の本日、

塩竈市にて地鎮祭を執り行いました。

建て主様の沢山の想いが詰まった家造り。

これから引き渡しまでご紹介させていただきます。


01


« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ