« 塩竈の家 外壁塗装工事 | トップページ | 塩竈の家 金物工事 »

2017年10月 2日 (月)

米ヶ袋の家  内部造作工事

10月に入りました。今年も早残り3ヶ月。

ブログは更新できずとも、
ほぼ日で通っている現場はばしばし進んでおりました!


Dscf0603


既存の金木犀もきれいに咲いていて、
甘い香りを深く長く吸い込みながら、
目眩く植物の変化は日々を豊かにしてくれるものだなと、
しばらく立ち止まって考えたりしてました。


Dscf0598


ただ今、内部造作工事が進行中です。

きっちりと組まれた天井の野縁。
コンセントやスイッチ、テレビ配線も決められた位置に落とされています。


Dscf0607


2階の丸くアールのかかった壁面の木下地。
できあがっている姿を見て、おー!と声を出してしまいました。


1分の1でアール定規をつくり、下地位置を追い出しながら、
外と内がうまくつながるように全体を調整しました。

神社仏閣お城まで木造どんとこいなベテランの大工さんと、
現場に行く度どうするか話し合っていたので、感慨一入。

せっこうボードが貼られ、塗装され仕上がっていくのが、
とってもたのしみな部分です。


空調換気・パネルヒーター用の配管もほぼ完了。
水回りの天井裏は銀色のダクトが張り巡らされています。


納まりにちょっとした変化球をつけるために提案して頂き、
採用にすることになったパネルヒーター用の温熱センサー。

Dscf0613

なんと配線要らずで温度を感知調整できるものなのです!

果たしてどんな仕組みなっているのだろうか…。
ハイテクでアナログなシンプルさは、
メンテもしやすく、とても良いバランス感。


見た目もすっきり素敵なプロダクトです。


さてさて10月からは心を入れ替えて、
ブログ無精も改善できればと思います。

saeki


« 塩竈の家 外壁塗装工事 | トップページ | 塩竈の家 金物工事 »

2017 米ヶ袋の家」カテゴリの記事

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ