« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

上杉の家 建方工事

上杉の家の建方工事ですが、
今回は久々にシェルターのKES工法という金物工法を採用しました。
今回はスパンをかなり飛ばしていて、壁もあまりなく、
許容応力度計算をすると隅柱の引き抜きがきつかったため、
金物が基礎と緊結しているKES工法としました。
金物工法なので、防湿シートの先張りもしやすかったです。

Img_8054

Img_8056

屋根は通気と水平剛性を兼ねたアミパネル。
このアミアミの中を風が通りぬける一石二鳥の材料ですが、
なんと発注直後に会社が倒産してしまったため、
残念ながら最後のアミパネルとなってしまいそうです。。。
秋田の無垢材を使った良い工法なのでぜひ復活して欲しいところです。

Img_8078

建方後は、ブルーシート完全養生。
断熱気密住宅では、これとても大事です。
よく雨ざらしの現場をみかけますが、
完成後すぐにカビだらけなんてことになりかねませんので、
水が入らないようにしっかりとガードします。
基本を忠実にですね。

Img_8459

いつもと違うことばっかりで大工さんも大変そうですが、
黙々と仕事をして頂いて助かります(笑)


2018年5月30日 (水)

上杉の家 基礎工事

最近皆さんから、ブログ更新してないけど大丈夫?なんかあった?
と言われておりましたが、いつも通り元気に仕事しております!(笑)

ただただ忙しさにかまけてさぼっちゃってましたが、頑張って再開します!

上杉の家は、すでに建て方が終わってサッシ下地まで進んでおりますが、
基礎工事からブログを再開します。

土間下は、100mmの防蟻EPS断熱材を全面敷き込み、
基礎外側に280mmを設置しています。

大きな窓が入る部分は
窓下にコンクリートの蓄熱床を設置し、太陽の熱を蓄熱したり、
太陽がでていない時は埋め込みの温水パイプ(熱源は太陽光と薪)で床を暖めて、
放熱しながら木製トリプルサッシの窓廻りの微細な気流感を緩和するように
熱補強をしております。


Img_7022


Img_7389


Img_7592


Img_7766

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ