« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

2018年6月 4日 (月)

上杉の家 断熱下地

建て方が終わったら透湿性の高い耐力面材でしっかり壁耐力を確保して、断熱下地に入ります。
壁は総厚420㎜の断熱材が入るのですが、柱間断熱120㎜+付加断熱300㎜となります。

Img_9017

付加断熱は、はしご状に木下地を組んで断熱材をいれるようにしました。
こうすることで、熱橋を抑えられるとともに、
はしごの片側に面材を張る事で剛性も確保出来ます。

Img_9039

断熱材が現場に届いたのですが、、、
部屋がすべて断熱材で埋まってしまい、それでも足りないため、
工務店さんの倉庫にも2/3くらい置いてもらうことになりました。
通常の家の4倍以上の断熱量はさすがに多いですね(笑)

今回使う断熱材は木の繊維といって、北海道の針葉樹を使った断熱材です。
これだけの量の断熱材を使うので、自然に還るものにしたいという思いとともに、
性能にこだわっていくと、自然のものが良いことに気づきます。
吸放湿性や吸音性もあり、
特に熱容量がグラウウール16Kの5倍以上というのは、
建物の温度変化の緩和に大きく影響を与えると考えています。

Img_9282

次回はサッシの取り付け下地の工程に進んで行きます。


« 2018年5月 | トップページ

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ