2018 上杉の家

2018年6月 4日 (月)

上杉の家 断熱下地

建て方が終わったら透湿性の高い耐力面材でしっかり壁耐力を確保して、断熱下地に入ります。
壁は総厚420㎜の断熱材が入るのですが、柱間断熱120㎜+付加断熱300㎜となります。

Img_9017

付加断熱は、はしご状に木下地を組んで断熱材をいれるようにしました。
こうすることで、熱橋を抑えられるとともに、
はしごの片側に面材を張る事で剛性も確保出来ます。

Img_9039

断熱材が現場に届いたのですが、、、
部屋がすべて断熱材で埋まってしまい、それでも足りないため、
工務店さんの倉庫にも2/3くらい置いてもらうことになりました。
通常の家の4倍以上の断熱量はさすがに多いですね(笑)

今回使う断熱材は木の繊維といって、北海道の針葉樹を使った断熱材です。
これだけの量の断熱材を使うので、自然に還るものにしたいという思いとともに、
性能にこだわっていくと、自然のものが良いことに気づきます。
吸放湿性や吸音性もあり、
特に熱容量がグラウウール16Kの5倍以上というのは、
建物の温度変化の緩和に大きく影響を与えると考えています。

Img_9282

次回はサッシの取り付け下地の工程に進んで行きます。


2018年5月31日 (木)

上杉の家 建方工事

上杉の家の建方工事ですが、
今回は久々にシェルターのKES工法という金物工法を採用しました。
今回はスパンをかなり飛ばしていて、壁もあまりなく、
許容応力度計算をすると隅柱の引き抜きがきつかったため、
金物が基礎と緊結しているKES工法としました。
金物工法なので、防湿シートの先張りもしやすかったです。

Img_8054

Img_8056

屋根は通気と水平剛性を兼ねたアミパネル。
このアミアミの中を風が通りぬける一石二鳥の材料ですが、
なんと発注直後に会社が倒産してしまったため、
残念ながら最後のアミパネルとなってしまいそうです。。。
秋田の無垢材を使った良い工法なのでぜひ復活して欲しいところです。

Img_8078

建方後は、ブルーシート完全養生。
断熱気密住宅では、これとても大事です。
よく雨ざらしの現場をみかけますが、
完成後すぐにカビだらけなんてことになりかねませんので、
水が入らないようにしっかりとガードします。
基本を忠実にですね。

Img_8459

いつもと違うことばっかりで大工さんも大変そうですが、
黙々と仕事をして頂いて助かります(笑)


2018年5月30日 (水)

上杉の家 基礎工事

最近皆さんから、ブログ更新してないけど大丈夫?なんかあった?
と言われておりましたが、いつも通り元気に仕事しております!(笑)

ただただ忙しさにかまけてさぼっちゃってましたが、頑張って再開します!

上杉の家は、すでに建て方が終わってサッシ下地まで進んでおりますが、
基礎工事からブログを再開します。

土間下は、100mmの防蟻EPS断熱材を全面敷き込み、
基礎外側に280mmを設置しています。

大きな窓が入る部分は
窓下にコンクリートの蓄熱床を設置し、太陽の熱を蓄熱したり、
太陽がでていない時は埋め込みの温水パイプ(熱源は太陽光と薪)で床を暖めて、
放熱しながら木製トリプルサッシの窓廻りの微細な気流感を緩和するように
熱補強をしております。


Img_7022


Img_7389


Img_7592


Img_7766

2018年3月19日 (月)

上杉の家 防湿シート+基礎断熱


基礎の底盤は真っ平らとし、シンプルで断熱施工もしやすい形状としました。

防湿シートは0.2㎜の厚手のもを使用し、すぐに破れないようにすることも大事です。

細かなところにも気をくばりながら現場が進んでいきます。

Img_6404

Img_6347

Img_6420


2018年3月16日 (金)

上杉の家:基礎断熱工事


基礎立ち上がり断熱材が届きました。
現在、菊池事務所では、基礎下50㎜、立ち上がり100mmを標準使用としてますが、
上杉の家では、基礎下100㎜、立ち上がり280㎜のEPS断熱材を使用します。

それにしても分厚いです。(笑)
着々と進んで行きます。


Img_6315

Img_6327

Img_6319


2018年3月15日 (木)

上杉の家:着工しました

3月になって暖かくなってきましたね。
上杉の家がようやく着工しました。

環境負荷が少なく、エネルギー依存も少ない家。
そして何より暖かく居心地の良い家。

上杉の家は、ドイツのパッシブハウス基準という
世界一厳しい省エネ基準をクリアすることを目指した住宅です。

「もったいない」という物を大事にする日本の文化はどこへ行ってしまったのか。
いつか壊れる便利な家電製品をどんどん生み出しては大量に生産し使い捨て、
24時間営業のコンビニのように、どこもかしこもエネルギーは使い放題で
3.11の後も未だに原発に依存しようとしています。
(原発は絶対反対です。はやくなくしましょう。)

30年前の住宅を改修しようとしても、
断熱材も少なすぎて耐震基準も古く、
まともに改修することすらままならず、
未だにスクラップ&ビルドを繰り返しています。
誰も住んでいない空家はすでに300万戸以上あり、さらに増え続けています。
(空家を価値のあるものに改修していきましょう)
(何年経っても価値が有り続けるような住まいをつくりましょう)

断熱材もいれてない、エネルギーがだだ漏れの寒い家を大量につくり、
太陽光発電を設置してエネルギーが少なくなりましたって言っています。
(断熱をしっかりしてから太陽光発電を設置しましょう)

狂いの少ないメンテナンスの優れた新建材はコストも抑えられ使いやすいですが、
木や土や石といった自然素材は、経年変化により何年たっても味わい深い佇まいとなります。

デザインもとても大切です。
意匠も性能も良くないと将来使い続けてもらえません。
居心地の良い空間で、落ち着いた佇まいとします。

自然な暖かさや涼しさは人を幸せにします。
太陽の熱で暖房します。
薪でお風呂を沸かします。
樹木の木陰から涼しい風を取り入れます。

そんな住まいをつくります。


まずは整地から。
1

2018年1月29日 (月)

上杉の家 地鎮祭


上杉の家の地鎮祭。
菊池の自宅兼ショールームですが、
施主として地鎮祭に参加するのは初めての経験なので、
とても清々しい気持ちになりました。

まだ図面が出来上がってないので、今回だけは造りながら考えます(苦笑)
どんな家ができるかお楽しみ♪

菊池


Img_6131

Img_6146


フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ