2018 上杉の家

2019年4月24日 (水)

上杉の家 基礎工事

 

上杉の家の基礎工事がはじまりました。

まずは防湿シートをしっかり張って地面からの湿気を防ぎます。

防湿シートも0.2㎜以上を使わないとすぐ破けてしまいます。

Img_6410

 

次に断熱材。今回は基礎断熱なので、建物を断熱材でぐるっと囲んじゃいます。

どんどん敷き詰めていきます。

基礎断熱ではシロアリ被害が稀にでたりするそうなので、

防蟻処理断熱材と専用防蟻剤でしっかりと防蟻処理をしていきます。

また、細かな熱橋部も断熱材を吹き付けて完璧にブロックします。

Img_6460

 

 

配筋が終わったらコンクリートを流し込みます。

今の日本の建築基準法ではそこまで定められていないので、みなさん適当に施工されていますが、

住宅の基礎でも構造設計(許容応力度計算)をしっかりすると基礎もD16という分厚い鉄筋が入って来たりします。

基礎屋さんからはよく住宅の基礎じゃないみたいだねぇと言われますが、

適当にはしたくないですからね。安心第一ですね。

Img_6702

 

どんどんコンクリートを流し込んだら出来上がりです。

Img_6756

2019年4月17日 (水)

上杉の家 遣り方

 

上杉の家の工事状況を少しずつアップしていきます。

まずは土地を掘削していきます。

Kamisugi1

Kamisugi2

 

整地して、平に敷きならしていきます。

Kamisugi5

 

世界で一番厳しい省エネルギー基準のパッシブハウス認定を宮城で初めてとるために、

基礎断熱は立上りEPS280㎜、基礎下EPS100㎜というとんでもない厚みになりました(笑)

それにしてもすごい量ですね。

Kamisugi3

Kamisugi4

 

 

2019年4月11日 (木)

上杉の家 CG

 

春になりましたね。突然雪が降ったりと変な天気ですね。

 

上杉の家も少しずつ完成に近づいてきました。

夏頃には外構までできる予定で、ゆっくりじっくり造っています。

Photo

モダンな外観で、庭の木々を楽しみながら生活できる自然素材たっぷりの、

とても気持ちの良い住宅になりそうです。

1_1 2

 

仙台で初めてとなる500㎜断熱のドイツのパッシブハウスレベルの超高性能住宅です。

ほとんどエネルギーを使わず見えないところまで自然素材を使用している

エコロジカルでモダンな環境に優しい最先端住宅です。

 

 

 

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ