« 最上の家(山形)基礎工事完了 | トップページ | 桜木町の家 配筋検査 »

2019年8月26日 (月)

桜ヶ丘の家 基礎工事

現場の進捗状況を見てきました。

Blog5014

基礎型枠と断熱材の施工段階です。

桜ヶ丘の家は、敷地内700mmの高低差を利用したプランになっているので、

施工性と性能と、苦慮してもらっています。

 

合わせて、今回も大型のパネルを使用した建方を予定しており、そちらの打ち合わせも進んでいます。

今回は、木構造体+窓サッシ+耐力面材+付加断熱w105+防水シート+通気胴縁です。

さらに、勾配天井なので、南古館の家とはまた違った緊張感があります。

 

パネルの採用は施工精度の底上げにはなりますが、

例えば、凹凸が多いプランでは、縦横の取り合いが十分に推敲できていないと

シート類の欠損や、現場でのやり直しが起きるので、思ったほどの費用対効果を得られないこともありそうです。

 

引き続き、尽力してまいります。よろしくお願いします。

« 最上の家(山形)基礎工事完了 | トップページ | 桜木町の家 配筋検査 »

2019 桜ヶ丘の家」カテゴリの記事

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ