日記

2018年3月17日 (土)

「作業効率化」と「考える時間」

先日所内で3DCAD導入に関してミーティングを行ったとき、

当たり前かもしれないのですが、「なぜ導入するか?」と確認をしていました。

「作業効率」が良くなれば結果として「作業時間」は短縮されます。

短縮する事によって生まれた時間をどのように使うかが大事だよねと話が進む中、

「考える時間」の割合をもっと増やしていきたいねという言葉がでてきました。

事務所内には建て主様が見る事の無い図面がかなりの枚数存在します。

私たちは設計を進めていく際、いろいろな可能性を探り、検討し、図面としてまとめあげていきます。

そこには建て主様の「住まいに対する想い」は勿論ですが、

「意匠」「構造」「設備」「性能」において無限にある選択肢の中から、

最善の選択を建て主様と一緒におこなっていきます。

01

図面を描いては赤ペンを入れ、時には手描きで実際の施工を考えながら検討を進めていきます。

1枚1枚、気持ちを込めて検討した図面はその枚数が多くなれば多くなる程、

最後に建て主様の想い、私達設計事務所の想いが沢山詰まった住まいとして姿を現してくれます。

3DCADの操作にはまだ悪戦苦闘中ですが、

1日も早くマスターし、今迄以上に「考える時間」を確保できるようがんばります!!

遠藤


2018年3月15日 (木)

3DCAD導入に向けて

今月の始めから、新しいCADの導入に向けて所内で準備を進めています。

3DCADを導入する事により、

企画・プレゼンテーション・基本設計・実施設計を1つのデータで管理する事が可能となります。

テキストを読みながら操作方法を勉強して行きます。

01

02

このCADでは平面図を入力し、高さ等の情報を与えてあげると

03

自動的に3Dモデルを作成してくれます。

04

実施設計を進め更に詳細な情報を入力していくと

06

断面の構成まで3Dモデルで表現する事が可能となります。

05

建主様に対して解りやすく説明する為のコミュニケーションのツールとして、

私達設計者に対しては現場との意思疎通、作業効率化のツールとして、

3DCADが大きな役目を果してくれると期待しています。

遠藤

2018年3月14日 (水)

こどもけんちく教室開催!

この度、仙台の建築家3名にてこども向けの建築教室を開くことになりました。

小さい子ども達にものづくりの楽しさを知ってもらいたいという思いと、

建築に少しでも触れてもらい未来の建築家に育ってもらえれば(笑)との思いで開催します。

楽しくものづくりができればと思っておりますので、気軽な気持ちで来て頂ければ幸いです。

予約制ですので、添付のアドレス宛に、

お名前、参加人数、ご連絡先を記載の上メールにてご連絡ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

菊池

Photo_2


2018年3月13日 (火)

オフィスビル改修設計


水に強く燃えないウィルウォールというレッドシダー材や、
国産のフローリングや屋久島の杉材、ドイツの高性能輸入サッシなど、
様々な商材を扱われているチャネルオリジナルさんの仙台事務所の新オフィスの
デザイン監修をさせて頂きました。

人と人がつながる場をコンセプトに、
様々なイベントをおこなえるイベントスペースや、
パソコンさえあれば誰でも自由に仕事ができるノマドスペース、
住宅の落ち着いた部屋をイメージした小さな小屋スペースで打合せもできる場をつくりました。

屋久島杉をふんだんに使ったなんとも贅沢でとても落ち着くオフィス空間となりました。
自分もこれからどんどん活用していきたいと思います。

フローリングや外壁の木材など、様々なサンプルを手にとって見る事ができますので、
お近くに行かれた際はぜひお立ち寄りください。


1


2


3


4


5


2018年1月18日 (木)

スタッフ募集

菊池佳晴建築設計事務所ではスタッフを募集しております。

意匠設計スタッフ募集
□住宅や、店舗、集合住宅の設計監理を中心とした設計事務所です。
 意欲ある設計スタッフを募集します。

□業務内容
 個人住宅、店舗、集合住宅等の企画・設計監理、模型制作及び、
 イベント企画、広報、雑務全般
 
 パソコン:Mac、windows
 使用ソフト:VectorWorks/Excel/Word/Illustrator/Photoshop/SketchiUp(CG)

□応募条件
 新卒者:大学卒業もしくは大学院卒業予定者
 経験者:大学もしくは大学院卒業後実務経験をつまれた方

□給与等条件
 経験・能力など考慮の上相談。
 
□休日休暇
 日、祝祭日、ゴールデンウィーク休暇、夏期休暇、年末年始休暇

□応募 方法
 履歴書、ポートフォリオ等をPDFにてメールでお送りください。
 こちらから追って連絡いたします。面接の上選考させて頂きます。
 E-mail: kikuchi@ykaa.jp

2017年12月27日 (水)

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

12月29日(金)〜1月4日(木)まで菊池佳晴建築設計事務所の年末年始休業とさせて頂きます。
同休日中の電話・ファックスでのお問い合わせはお休みさせていただきます。
メールでいただきましたお問い合わせについては、
1月5日(金)以降に順次対応させていただきますのでご了承の程お願いいたします。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

今年も残すところあと少し。今年も本当に多くの方々にお世話になりました。
年末は何かと慌ただしくなりますが、お身体にお気をつけて、どうぞよいお年をお迎えください。

2018年も何卒よろしくお願いいたします。

2017年8月 9日 (水)

夏期休暇のお知らせ


菊池佳晴建築設計事務所では、
誠に勝手ながら、本年度の夏季休暇を以下の日程で実施させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

夏季休暇 2017年8月11日(金)~17日(木)まで

 ※ 2017年8月18日(金)より、通常業務を開始します。
 ※ 休暇中のお問い合せにつきましては、2017年8月18日(金)以降に対応させていただきます。

2017年6月29日 (木)

断熱・気密施工技術エキスパート合宿会

今年の4月から月に一度、

住まい環境プランニングさん主催の

「断熱・気密施工技術エキスパート合宿会」

に参加してきました。

目的は、

①:施工技術を学び実際の設計に反映させること。

②:現場を監理する上で重要なポイントを抑えること。

③:施工の大変さ、難しさを体験すること。

です。

計3回に分けて行われた今回の合宿、

■第1回目は「建て方」

実際の工事現場で今回は勉強させていただきました。

01

建物外周部の「梁」に「先張り」で「気密シート」を取付ます。

03

02

取付が終わったら組上げていきます。

04

合板を敷く際にも「パッキン」を取付け、梁と合板を密着させていきます。

05

1つ1つの丁寧な施工が気密性能を高めていきます。

06

そして、何よりも大事だと感じたのがこちら。

07

養生です。

建物が雨で濡れないようにブルーシートでグルグルに囲っていました。

断熱材は湿気に弱いです、湿気を含んでしまうと断熱材として機能しなくなるのと

建物完成後、壁の中でカビが発生し人体に影響を及ぼしてしまいます。

そのような事が起きないように又、

建物の性能を十分に発揮させる為、

養生が大変重要だと学びました。

■第2回目は「サッシの取付け」

現地で施工方法説明後、実際に先張りシートの施工をさせていただきました。

内部の気密シートと外部の透湿防水シートを連結していきます。

08


09

先張りシート施工完了後がこちら。

10

サッシを取付けて施工完了です。

16

丁寧に教えていただいたので、何とか問題無く施工する事ができました。

今まで参加していた講習会では見るだけでしたが、

実際に手を動かす事で、開口部周りの設計・施工方法をより具体的に理解する事が出来ました。


■最終回は「断熱材の充填」「気密シート張り」「気密測定」

最終回は覚える内容が盛りだくさんな3日間でした。

壁に入れる断熱材をカットし、充填していきます。

11

17

充填後は気密シートを張っていきます。

12

外の付加断熱部分も同様に充填します。

13

外部は透湿防水シートを張り、防水・防風層を形成していきます。

14

断熱・気密工事が終え、最後に気密測定を行いました。

気密測定士の資格を持つ現場監督さんが測定を行います。

緊張の瞬間・・・

15

結果はC値0.21という、かなり気密性の高い結果となりました。

良い結果が生まれ、私達参加者もひと安心でしたが、

大工さんのホッとした表情が何よりも印象的でした。

今回、実際の工事現場で施工を体験させていただいて、

施工者の「技術力の高さ」もそうですがそれ以上に「意識の高さ」を感じました。

現場に入る職人さん一人一人が、「何故この工事が必要か?」を理解し、

当たり前のように工事を行っていたのがとてもすばらしかったです。

設計者、施工者でそれぞれ立場は違いますが、「良い建物を造りたい」という想いは共通です。

今回、合宿に参加し得た知識・技術を今後の「暖かい家造り」に活かしていきたいと思います。

endo

2017年6月 8日 (木)

芸工大の授業

毎年、東北芸術工科大学の2年生の住宅の授業があり、先日最終講評をしてきました。

何日か徹夜して模型やプランを仕上げてきたようで、みんなほんと良く頑張りました。

Img_2323


学生と接することで、自分を客観視することになるのですが、

この仕事をしていると寝ている時も飲んでいる時も、

お風呂に入っている時も建築のことが頭から離れず、

1日も休むことなく飽きることなくよくもまぁ建築と向き合ってるなぁと

自分事ながら感じます。

すぐに答えを出さずに、とにかく粘り強く考えぬくことで、

はじめて形になっていくんだなぁと改めて感じました。


とにかくがむしゃらに好きな事をとことん頑張れる人に育ってくれればと思います。

自分も良い建物ができるようさらに粘り強く頑張っていこうと思いました。

菊池

2017年5月11日 (木)

5月14日(日)「これからの本当に幸せな住まいづくりを考える」


5月14日(日)14:00〜17:00
「これからの本当に幸せな住まいづくりを考える」

場所:国際センター駅2階
参加:参加申し込み不要、無料です。お気軽にお越し下さい。

仙台の5人の建築家が集まり、座談会形式でざっくばらんに
これからの家づくりについて本音でトークするイベントです。

また、昨年から他の設計事務所と工務店と共同企画してきた
これからの高断熱住宅の発表もします!
予算はあまりかけられないけど性能もデザインも良い家がほしい!という方必見です。

申し込み不要で参加無料ですので、ぜひお気軽にお越しください。

Photo


より以前の記事一覧

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ