2012 銀杏町の家

2012年11月24日 (土)

銀杏町の家 基本設計

しばらく作業ができずにいた銀杏町の家を再開。
建主さんには時間ができた時に集中してやってほしいとのお話を頂いていたので、
だいぶお言葉に甘えてしまったのですが、
よくやく腰を落ち着けて考えられる状況になったので、
ここ2週間ほどじっくりと検討する日々が続いています。
Img_8002

時間をあけてみても、この建物はコンセプトがはっきりしているので、
このまま細かい部分まで詰めて行ければ面白い建物ができそうな予感がします♪

ワクワクしながら作業を進めているのですが、
ちょっと複雑な形をしているだけに、構造や防水の納まり、コストなど、
まだまだ考えることが山積みです。

まずは今月中に基本的なところを抑えて、
来月には基本設計をまとめられればと思って作業をしています。
いいものできるよう頑張ります!

2012年8月 4日 (土)

銀杏町の家 再検討

現場がはじまりちょっとバタバタしていたため、
銀杏町の家は少し打ち合わせを待って頂いていたのですが、
少しだけ落ち着いてきたので、今日は再検討の打合せです。

ひさびさに今までの記録や図面、模型などを見直したのですが、
やっぱりこれは良い建物ができそうな予感がします♪
なんとしても実現させたい!

まだまだ検討するところが多いですが、建主さんと一緒に楽しみながら進めていきたいです。
頑張ろう!!!
R1042254

K

2012年5月21日 (月)

銀杏町の家1/50模型

現在計画中の銀杏町の家の1/50模型を制作しました。
敷地に分散配置した箱とそれをつなぐ浮遊感のあるスラブで建物が構成されていて、
外部はシンプルに見せながらも箱の内部はおもちゃ箱みたいな楽しい空間をつくっています。

昔、大学の教授にいろいろアイデアを詰め込みすぎるとおもちゃ箱みたいになっていいプランに
ならないと言われたことを記憶してますが、今回は空間を明確にわけているため、
とある美術館のように、部屋に入るごとにいろんな体験ができるような、
そんな楽しい住宅にしたいと考えています。
1

2

3

1階ピロティ。
4

2階の壁に囲われた内部空間のような庭。
ハンモックかけてのんびり昼寝したり、バーベキューしたり。楽しげな場所です。
5

箱の中の雰囲気とは異なるニュートラルな空間。メリハリをつけています。
6

8

水盤のある書斎。ここは俗世間から切り離された楽園をイメージしてます。
11

1階の居室。
12

居室につながれた縁側のような開放的で気持ちの良いデッキテラス。
趣味の観葉植物を自由に置いて、道行く近所の人と談笑できるようなそんな場所になればと。
13

9

10

裏には地下や屋上につながれた階段があります♪
15

まだ提案中で基本設計にも至ってない物件ですが、だいぶイメージも出来上がってきていて、
これから詰めて行ければかなり面白い建物ができあがりそうなのでとても楽しみです。
14


2012年4月 1日 (日)

銀杏町の家

現在計画中の2世帯住宅のプロジェクトです。
様々な機能を持つボリュームが敷地の中に点在されている住宅です。
1_2

棟の分散配置により、見る位置によって外観の表情が変化していきます。
2

3

建物のボリュームと植栽や開口部をうまくコントロールしながら、
オープンな空間とプライベートな空間をバランス良く配置する計画です。
4

これは建物を整列させたパターンです。
5

ここまで何十個とイメージ模型を作成しながら打ち合わせを重ねてきましたが、
ようやく大きな方向性が見えてきました。
6

まだどうなるか分かりませんが、これも完成がとても楽しみなプロジェクトです。
7


フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ