2018 上杉の長屋

2019年5月13日 (月)

上杉の長屋 ファサード

 

上杉の長屋の足場が撤去され、木ルーバーのファサードが目を引きます。

準防火地域のコンクリートで囲まれた街中でも、できるだけ自然の木を使っていきたいという思いから、

雨風に強い屋久島の木をルーバーに使いました。

 

ものすごくシンプルな外観ですが、木の素材感で存在感を出しています。

今月末完成に向けて現場もどんどん進んで行きます。

Img_1236

2019年5月 8日 (水)

上杉の長屋 内装仕上

 

上杉の長屋も5月末の完成に向けて頑張って施工中です。

道路面のファサードに木を使いたくて、

建主に提案させてもらった木の外装ルーバーも良い感じにできあがってきました。

 

植栽もできるとさらに良い感じに仕上がりそうで楽しみです。

1_9

 

内部も仕上げを待つのみ。パネル工法の際に設置した窓も良い感じでついています。

4_5

 

街中の住宅密集地ですが、一部このように開けていて、

南側に大きく開いて日射と眺望を得られるようにしています。

南面にも植栽が入るので、数年すると周囲の視線もより遮られる計画です。

2_8

 

 

 

 

2019年4月15日 (月)

上杉の長屋

 

昨年末より現場が進んでいる街中の住宅地に建つ2戸のコンパクトな長屋です。

大通りに面しており、

無垢の木を贅沢に使った格子ファサードによりプライバシーを確保しながら、

シンプルですが印象的な外観の住宅となります。

Kamisugis

断熱、サッシ、耐力面材が一緒になったパネル工法を採用することで、

断熱材はネオマフォーム(充填t66+付加t100)、グラスウール換算で300㎜を超える厚みという

超高性能な住まいを短工期でコストを抑えながら造る試みをしてます。

 

5月末に完成します!

 

 

 

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ