2019 桜ヶ丘の家

2019年10月 7日 (月)

桜ヶ丘の家 建て方

先週末、桜ヶ丘の家の建て方を行いました。

当日までなかなか天気が安定せず、前日の夜中まで雨、翌日も雨予報がづついたため、

なんとか当日中に屋根合板まで進めたいと、関係者一心となり作業が進みました。

Img_5228

Img_5312

南古館の家(福島)同様、工場で事前に製作した大型のパネルを搬入し、現場で立ち上げていきます。

今回の壁の構成は、気密シート+充填断熱(GWt120)・柱+構造用合板+付加断熱(GWt105)+防湿シートです。

 

 

Ydfts

ネオマフォームに比べて、繊維系のグラスウールは柔らかく、吸水するため、慣れないと扱いづらいようです。

また、製作パネルの品質だけではなく、運搬・保管時の管理体制も気が抜けません。断熱気密性能に直接影響してきます。

設計する立場としては、面で組み立っていくので、出隅入隅が多ければ多いほど、取合い・干渉のイメージが必要です。

Brdbq

施工後はビニールシートで覆い翌日からの雨に備えます。

 

 

今回のように、連日雨が続く中、建物を濡らすことなく上棟できるスピード感は大きなメリットです。

まとまった天候に左右されず、工事が行えるのは、工期短縮と、水濡れによる断熱性能の低下を防ぐことができます。

しかし、大型のパネル採用の意義として、もう一つ、施工精度の安定があります。

現在、情報共有をしている他設計事務所と合わせると、4棟目の大型パネルとなりましたが、まだまだ課題あり、現場での調整が欠かせません。  

パネルに関しては一つづつ課題をクリアにして、汎用できるよう努めて参ります。

 

桜ヶ丘の家はこのあと、サッシが入り各室の空間が見えてきます。

引き続きよろしくお願いします。

2019年9月10日 (火)

桜ヶ丘の家 配筋検査

 

Img_5099

配筋検査を行いました。

 

これまで1/50や1/100で検討していたものが、ここから1/1の原寸で見えてきます。

敷地に対してどのどのくらい余裕があるのか、道路からは何が見えるのか、隣地からは何が見えるのか、

電線はどこを通るのか…  

机上では想像できていなかった部分の検討を詰めていきます。

 

次回は建て方です。大型のパネル施工の様子を報告予定です!

 

2019年8月26日 (月)

桜ヶ丘の家 基礎工事

現場の進捗状況を見てきました。

Blog5014

基礎型枠と断熱材の施工段階です。

桜ヶ丘の家は、敷地内700mmの高低差を利用したプランになっているので、

施工性と性能と、苦慮してもらっています。

 

合わせて、今回も大型のパネルを使用した建方を予定しており、そちらの打ち合わせも進んでいます。

今回は、木構造体+窓サッシ+耐力面材+付加断熱w105+防水シート+通気胴縁です。

さらに、勾配天井なので、南古館の家とはまた違った緊張感があります。

 

パネルの採用は施工精度の底上げにはなりますが、

例えば、凹凸が多いプランでは、縦横の取り合いが十分に推敲できていないと

シート類の欠損や、現場でのやり直しが起きるので、思ったほどの費用対効果を得られないこともありそうです。

 

引き続き、尽力してまいります。よろしくお願いします。

2019年6月11日 (火)

桜ヶ丘の家 地盤調査

本日は地盤調査を行いました。(写真は測量風景…)

 

建築予定地の地盤の性質を調べます。

土地に定着する建物は、地盤の影響を受けやすいので、調査は必ず実施します。

隣の敷地は硬い層が深いのにこっちは浅かったり、その逆だったり。ほんの数メートルしか離れてないのに性質が違ったりするので不思議です。

Blog

調査結果を待ちながら、引き続き実施設計を詰めていきます。

次週は地鎮祭、基礎工事と順次始動です。

 

 

2019年4月20日 (土)

桜ヶ丘の家 検討模型

1_5
面白い切妻屋根が印象的な2つの中庭がある伸びやかな2世帯住宅です。

どこにいても居心地が良く家族が中庭を通して楽しく過ごせる平屋建ての住宅です。

4_2 3_2 2_4

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ