2019 森合台の家(福島)

2019年12月26日 (木)

森合台の家(福島)オープンハウスのお知らせ

昨年より設計監理しておりました

「森合台の家」が完成いたします。

この度建主様のご厚意により、オープンハウスを行わせていただく事となりました。

中庭を中心に構成したスキップフロアと暖かく快適な室内環境を是非体感ください。

皆さまの参加をお待ちしております。

 

Photo_20191226130401

日時:下記で空いているご希望日時にてご予約を預かります。

  1/19(日) 10時〜 ・ 11時〜 ・ 13時〜 ・ 14時〜 ・ 15時〜 

会場:福島県福島市

    (お申込みの方に詳細の場所をお知らせいたします)

お申込み

    お申し込みはinfo@ykaa.jpまで、

    下記をご記載の上お申込みください。

     (1)お名前

     (2)当日連絡先

     (3)参加人数(子供人数)

     (4)参加希望日時

 

 

2019年12月21日 (土)

森合台の家(福島)足場解体

2019年もあと少し。

現場は外壁工事を終え足場を解体し、

青空の下、森合台の家の外観が姿を現しました。

ホワイトの窯業系サイディングを採用した森合台の家、

外観はシンプルなキューブ状で構成しました。

建物外周に見えてくるサッシは写真に写ってある南面のみで、

建主様のプライバシーに配慮しています。

ただ建物中に入ると、外観からは想像出来ない高低差に富んだ空間が広がっています。

来年オープンハウスを予定しておりますので、

空間と室内環境(暖かさ)の豊かさを是非体感していただきたいです。

内装工事へと現場は進んでいきます。

 

01_20191221160901

2019年11月25日 (月)

森合台の家(福島)気密測定

付加断熱工事を終え、建物外周部に透湿防水シートを施工していただきました。

これで断熱材が濡れることは無くなり、外壁工事へと進むことができます。

01_20191125165501

内部は壁の充填断熱工事と、屋根の断熱吹込み工事が行われました。

こちらも専門工事会社による施工となっており、施工の速さと制度の高さが素晴らしかったです。

02_20191125165501

施工を終えたところから防湿気密シートを貼っていき、

建物内部に発生する湿気から断熱材を守ります。

03_20191125165501

全てのシートを貼り終え配線・配管部分の気密処理を終えたら、

施工管理者、設計監理者立会いのもと気密測定を行います。

結果は0.2cm2/m2という結果となりました。

事務所標準仕様、目標値としている0.5cm2/m2に対してかなり良い結果となり

施工者、設計者とも安心しました。

04_20191125165501
断熱・気密工事を終えれば次は内部配線、造作工事へと進んでいきます。

2019年10月26日 (土)

森合台の家(福島)付加断熱工事

防水工事を終えたら次は、断熱工事です。

森合台の家は外部付加断熱工事へと進んでいます。

今回採用している断熱材は

壁:高性能グラスウール16Kt120+105

天井:グラスウール吹き込みt300

今となっては6年程前から高気密高断熱仕様に取り組んできた、

私共設計事務所の標準仕様の一つとなっております。

建物のイニシャルコストは若干割高になりますが、

ランニングコストを考慮すれば十分消化できるというのと、

何より快適な住環境で生活できるという最大のメリットが生まれます。

施工の際に注意しなければいけない内容としては、

  ・水に濡れると断熱性能が落ちるので天候を確認しながら工事を進めなければいけない。

  ・隙間が生まれないように敷き詰めなければいけない。

上記2点が挙げられます。

天候に関しましては、施工者に無理の無い工程管理(雨の日は決して施工を行わない)

敷き詰めに関しては、断熱施工の専門会社に施工いただき、施工の精度と早さを担保しています。

青空の下、工事は順調に進んでいます。

01_20191026103201

 

2019年10月12日 (土)

森合台の家(福島)サッシ取り付け

森合台の家の現場はサッシが取り付け完了しました。

今回も事務所の標準仕様としている、トリプルガラスの樹脂サッシを採用しています。

建物の断熱性能を高めるために開口部を小さくしてしまったら本末転倒、

本当の意味で気持ちの良い空間はできません。

天井高3.6mのリビングの開口がこの建物魅力の一つです。

01_20191012103001

気密性を高めるため、サッシ1カ所1カ所に先貼りシートを施工しております。

施工会社にはしっかり工程管理をしていただき、建物の性能を高めていきます。

02_20191012103001

玄関ドアも設置完了です。

ドアパネルは下地の段階です、採用したNORDの担当者と今後の仕上げイメージを共有しながら詳細寸法を設定しました。

03_20191012103001

屋根は防水工事が進んでいます。

今回は、シート防水を採用しました。

04_20191012103001

サッシ取付が完了し、防水工事が終われば次は断熱工事

本当に気持ち良い住まいに一歩ずつ着実に進んでいきます。

2019年8月21日 (水)

森合台の家(福島)軸組工事

森合台の家も順調に工事が進んでいます。

ここ数日の間、激しい雨が降る日もありましたがしっかりと養生をしていただいているので安心です。

ブルーシートで囲われているので、工事の進捗状況はなかなかわかりませんが

中では床組、体力壁の取り付けなどが進んでいます。

サッシも搬入したので順次取り付けを行っていただく予定です。

01_20190821195001

 

02_20190821195001

2019年8月 6日 (火)

森合台の家(福島)建て方

梅雨も明け、天候に左右されることが少なくなりました。

森合台の家も建て方開始です。

スキップフロアの複雑な構造を組み上げていきます。

01_20190806170401

土台周りはしっかり気密シートを連結できるようにシート一体型の気密パッキンを採用しています。

04_20190806170401

胴差し周りも先ばりシートをしっかり施工いただきました。

03_20190806170401

軸組の完成が本当に楽しみです。

02_20190806170401

2019年6月21日 (金)

森合台の家(福島)配筋検査

本日は、コンクリート打設前の配筋検査。

構造設計の内容通りに鉄筋が施工されているか確認です。

検査前に、施工者が自主検査を行っておりました。

設計者と施工者両方で確認を行うことで、施工の見落としを無くすことができます。

検査終了後、コンクリート打設です。

01_20190621170901

02_20190621170901

03_20190621170901

2019年6月18日 (火)

森合台の家(福島)基礎工事

地鎮祭を終え、本格的に工事着工です。

掘削工事を完了し、断熱材を敷き込んでいきます。

今回採用しているのは、「基礎断熱工法」です。

外壁だけでなく、基礎も断熱材でぐるっと囲います。

断熱敷き込みを終えれば次は配筋工事です。

02_9

01_13

Instagramでも現場日記を公開中です。

こちらもフォローよろしくお願いします。

03_7

2019年5月13日 (月)

森合台の家(福島)地鎮祭

5月吉日、

快晴青空の下地鎮祭を執り行いました。

沢山の想いが詰まった家造りのスタートです。

建物完成まで工事関係者の皆さん、

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

01_4

より以前の記事一覧

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ